酷いアトピー性皮膚炎が治った!その方法について書こうと思います。
私に起きた奇跡のひとつです。

こんにちは。柳沼佐千子です

 

アトピーの原因

花

最近、
子どもの頃の予防接種やワクチンの中に入っている水銀やその他の成分が
もしかしたら、現代のいろんな病気をつくっているかもしれない、

という医者の本を読みました。

これから子育てする人もいると思うので、
こちらの先生の動画や本を一度読んでみると考え方が
変わるかもしれません。

 

 

食品添加物も、様々な本で、アレルギーや病気の原因になっていること、
書かれていますね。

砂糖の取りすぎ。
牛乳が悪い。
マーガリンはダメ。

参考にこの本を読んでおくといいと思います

内海聡先生 子どもを病気にする親、健康にする親 (世界に満ちる毒から子どもを守れ)

 

 

私の場合ですが、
アドピー性皮膚炎は、ストレスが一番大きかったです。

年齢と症状と
どんなふうになっていいったのか、アドピー性皮膚炎が治るまで
を書きました。

もしよかったら読んでみてくださいね。

 

わたしのアトピーが治った体験談

自然

小学2年生のころ、両腕と両ひざ裏にアトピー性皮膚炎がでてました。
覚えてます。

皮膚科でステロイド剤をもらい、
ぬれば、一時的に治る。

でも、また出る。の繰り返し。

それは、ずっと続きました。
小学校4年生くらいのころ、いとこのお兄ちゃん夫婦が、私たち姉妹を
旅行に連れて行ってくれたことがありました。

宿泊して、
帰った時、自宅で私の両親に、
「さっちゃん、夜中に、アタマをガリガリずっと掻いてたよ」

なのでそのころ、痒みが、頭皮にもあったのですよね。
アタマの地肌にステロイド剤(液体タイプ)も定期的に必要になってました。

大学になり、
いよいよひどくなりました。

大学1年生の夏頃から首もひどくなっていき、
大学1年を終わるころには、
あごのあたりや、おでこにも出始め、

どこの医者にいっても、とりあえずステロイド剤しかない。

薄く塗ったり、続けて塗るのは、3日~4日以内で薬は終わらせてね
という指示です。

それで、一時的によくなっても、すぐに次の週にはまた赤くなり、
ただれてかゆくなる。

もう、どうしようもなくなりました。
そのうち、副作用かもという症状がでました。

塗っているところが、黒ずんできた。
ぶつけた記憶がないのに、ものすごい大きな青タンが
足に大きくできて、また消えると
また違う場所にできる。握りこぶしくらいの大きさの時もありました。

「あ。なんかおかしい・・・きっと薬の副作用かも」

 

ステロイド剤をやめる

景色

ステロイド剤、辞めたいけど
やめたら間違いなくひどくなる。その代わりの方法がないんです。

皮膚科ジプシーです。もう、このころには。

たまたま、バイト先のお客様で薬局の人がいて、
私の症状をみて
「アトピー?
薬やめたほうがいいわよ、漢方で治せるから」

それを信じて、
苦い漢方のお茶と化粧水みたいなのを買って、

ストロイド剤ストップしました。

そのあと、ものすごいリバウンド症状がではじめました。

 

リバウンド症状はひどい

街

今まで、頭皮、顎の一部と、おでこの一部、あと首の一部だったのに、
アトピー性皮膚炎のリバウンド症状は、

鎖骨の上から全部にでました。

普通な皮膚にみえるのは、鼻の頭だけです。

あとは、全部今までに見たことがない
真っ赤な症状、皮膚はごわごわ、首は、痛くて
振り向けない。

顔もまぶたの上まで全部に広がっているので、目が細くしか開けず、

二重が一重になりました。

身体の芯から湧き出てくるような、今まで体験したことのない
ものすごい痒み。

蚊に刺されたときの痒みは、
表面な感覚ですね。この時と比べてしまうとね。

骨の芯から湧き出てくるような、痒みなんです。

声をぎゃーーーっと叫びたくなるくらいで、
ひっかかずにいられないんです。

痒みに休憩の時間は、
ありません。ひっきりなしに続く。

ひっかくと、皮膚が傷つくので、
ダメなので、我慢しきれず、

爪をたてて強く押すというより、刺すかんじですね。

たとえると、
赤くただれた象さんの皮膚みたいです。

そこから、今度は黄色い汁が滲み、出始め、

気が狂いそう。

鏡をみると、
もう、お岩さんよりひどい。

痒みで眠つけない、じっとしていられないので、
夜は、気を失ったように寝て

目が覚めると、また地獄です。

目が覚めても、目が開かないんですから!

まぶたからも黄色い汁がにじみ出ていて、
それが乾燥し、頬も首も、頭の中も

顔も首も動かせない

洗面所に行って、お湯でゆっくり溶かして

やっと顔が動く。

この不快感は、なんとも。。。。

部屋にこもったきり、
大学にもいけない。。
でも行かなきゃ。

そんな顔のまま、一日中部屋で泣き続けていました。

「わたしは、この先どうやって人生生きればいいんだろう」
「きっと、結婚なんてできない、子供ももてない」
「結婚できたとしても、子供にこのアトピーがうつったら、もうどうしよう」
「両親がいなくなったら、わたし、どうすればいいのだろう」
「ふつうのヒトみたいに、働くこともできない」

「手術して治る病気だったらどれだけ救われたか」

 

一か月で皮膚は再生する

手

そんなひどいリバウンド状態は、
1カ月続きました。

ちょうど一カ月たったとき、

あれ?皮膚がでてきたんです。新しい皮膚が!
少しずつ剥け変わってきて、

皮膚は、28日で再生するっていいますよね。
ほんとでした

それから、とりあえずは、ステロイド剤を使わず、
なんとか生きられるようになりました。

でも、治ったわけじゃない。
そのあとからも

首がごわごわとただれたり、
顔も赤くなったり

相変わらず、出たりひっこだりでしたが、

あのときの痒みに比べれば、
痒みも、ぐっと薄くなりました。

漢方の付け薬でなんとか
ごまかしながら、過ごしました。

このあとも医者を探して、皮膚科ジプシーね。
その度に、それ以外方法がないって言われ傷ついて。

またステロイド剤か・・・って。

原因不明です。
食べ物アレルギーでもないし、ホコリアレルギーでもないし。

このあと、たまたま期待せず行ったのが、
自費診療の皮膚科。⇒また別に記事にしますね。

これが、カナダへの道を開いたのだから
悪いこともいいこともないんだなって思いますよね。

わたしのプロフィール、興味のある方は、
長いですけど、こちらから

アトピーは、出産したら治った

子どもたちの写真

その後、出産を2回してから、ほぼ治っています。
首、普通のきれいな皮膚です!!
こんな日が来るなんて、ほんとうに奇跡。
子供たちも、大丈夫です。

で、これを書いたのは、今だったら、
こうすればよかったって思うこと。
昔の自分にアドバイスしたかったことがあるから。

1.体温が低い
2.牛乳をやめる
3.心の問題

この3つでもっと早く治せたと思うのです。

まず、小学生の頃から体温が、35.8度だったこと。

これ、身体冷えてるよね
子供なのに。。。

今は、36.4度くらいはあります。ほんとは
もっと高いほうが理想。

オナカの中から、体温を上げること
半身浴やホッカイロをおなかに貼る、すれば良かった。。。

牛乳も良くない。
少しならたぶん大丈夫だったかもしれないですが、、
水のかわりに、ごくごく家に帰ってもたくさん飲んでた。。
これが悪かったと思う。

これは、外から修正かけられるものですが、
一番大きいのはココロの問題ですね。

 

アトピー性皮膚炎は、ストレスが原因

ビジネス街

ココロの問題の前に、試したこと紹介しておこうと思います。

前回に書いた、自費診療のアトピー性皮膚炎の名医という特集記事で伺った病院です。
そこで、ま、漢方薬を処方されたのですが、それはおいてい置いて。また別にアップします

言われたのは、

「アトピー性皮膚炎は、海外に行くと治る人が多い」という話。

じめじめしたアジアはダメな人が多く、
カラッと乾燥した気候の国で治る人が多いとのこと。

例えば、ハワイやカリフォルニアなどです。

わたしは、この時出会ったお医者さんの紹介で、
バンク―バーにこの後行ったのです。

結果、さらにアトピー症状は軽くなりました。

バンクーバーに行って、初めての海外生活です。
飛行機も初めて。

1カ月たったころ、皮膚が剥けかわる!!
驚きな皮膚の反応でした。

顔から、首、ひどいところが、ボロボロと皮がむけてくる感じです。
なにこれ!?

と思ったくらい。

そのあと、アトピーの酷さが薄くなった感じになりました。

お化粧もしない、そのままで
皮膚をそっとしていました。

まだ化粧できる状態じゃなかったです。

少しずつ皮膚が薄い感じだけど、
ただれているところが少なくなり、
見た目、普通な感じにも見えるようになりました。

ただ、お化粧はしない、できない感じ。

バンクーバーは、夏は季節はとてもさわやかなのですが、
秋冬は、ずーっと曇りと雨ばかり。4時には暗くなるし。

海外でアトピーが良くなる人もいる

太陽

 

なので、カリフォルニアにロングバケーションでみなさん出かけてしまう。

私も、ゴルフの先生とカナダ人の仲間と
カリフォルニアで3カ月過ごしました。

すると、カリフォルニアの気候は、ものすごい体に合ってる!!

たった一か月で、すっかりすっかり綺麗な皮膚になり、
普通になったんですよ!!
驚きました!!

気分がいいです。この幸せ感!!!

食べ物は、といえば、
アメリカンなフードばかりです。

コーラも飲むし、マクドナルドのハンバーガーに
ピザ、・・・一般的に考えたら、
全くと言っていいほど食事は良くないです。

にもかかわらず、
驚異的なスピードで皮膚がぐんぐん良くなるんです。
寝ていた部屋のホテルもホコリもあるし、
それも関係ない。

もう、気候しかないです。

すっかり治った!!と思って、
バンクーバーに戻ったら、

また行く前の状態に戻りました。ぁぁあああ(*_*;

もう、これは、気候しかないです。
でも、希望が持てましたよ。

少なくともカリフォルニアに住めば、
わたしは健康で生活できる!とわかったので。

また翌年もカリフォルニアに行きました。
また同じように、1カ月で劇的にぐんぐん良くなりました。

偶然じゃないです。

なので、今アトピー性皮膚炎で苦しんでる方がいたら、
海外生活で変わるかもしれないです。

で、、、そのあと、2年半のカナダ生活を終え、
日本に帰ってくると、またちょっと悪くなりました。

でも以前みたいではないので、
とりあえず生きていける。このころには、
顔はお化粧がやっとできるようになっていました。

また冬になった時、ためたお金を全額持って、
カリフォルニアへ。

今度は海の近くだったので、夜に海に行って、ひどくなっていた場所
海水をつけることをしました。2,3日続けて。
そんなに浸ったわけじゃないです。

手に海水を付けて、患部にパシャと濡らす感じ。
数回やっただけで、タオルで拭いて帰る

それを2,3日続けました。

 

ぐんぐんよくなり、そのあと跡形もなく消えました。

海の水は即効性がある。

ちょっと痛いですけど、塩がしみます。
一時的に真っ赤になります。

あとカリフォルニアの気候と
掛け算のようにききました。

 

食べ物全く関係ないです。私の場合はですが。
ホコリも関係ない。このとき宿泊した民家の部屋、ひどかった。。。
掃除してないんだもん。

ホコリがひどすぎて、びっくり( ;∀;)

それでも関係なし。ぐんぐん皮膚がよくなる。

 

海外に行って良くなった事実。

海外も、場所によって合わないところもあります。

海外で良くなってきて、
そのあと日本に帰ってきてから、両親とシンガポールに旅行に行ったことがありました。
ほんの3,4日だったと思います。

いやー。悲惨だった。。。辛かった・・。

行ったその日の夜から、
ホテルにつき、痒みがひどくなりました。

赤くなって、首がどんどんひどくなり。

もう、かゆくて、

湿気ですね。
もわーっとした暑さと湿気。

帰るまで、痒みで首をたたいたり、爪先で強く押し刺しするしかありません。
ごわごわ また象さんの皮膚が赤く黒くなっている状態です。

うわー。これはマズイ。。

ホテルの部屋は、寒いくらいに涼しいのです。
クーラーがガンガンにきいてます。

でも、そういうもんだんじゃないんですね。

もう、懲りたわー。(´・ω・`)

熱帯系の湿気の多いところには行ってはいけない。。。

今は、治ってるから、
行っても大丈夫だと思います。

今は、日本のじめじめ、夏の季節もまったく問題ない。
汗が普通に皮膚から出て、なにも感じないです。

汗かくと、アトピーの時って、
酷くなるんですよ。

乾燥していて、乾燥させると良くないのに、
汗とか湿気の多いところで酷くなるんだから。。。

もう、どうしようもないですよね。

プロゴルファー目指して、練習しているのに、
バックスイングのとき、クラブを後方に持っていくと、

もう、首が痛いんです。

首の皮膚が、ひどくなってるから、ねじれる感じになると
耐えられない。

振り向けない。

首と体とほぼ一緒に向けないと

首の皮膚が引っ張られるんです。とほほ(*_*;

そんな状態でも、ゴルフの練習、頑張ってました
首の痒み、痛みも一緒にね。

食べ物の話ですが、
大学4年の時に、行った自費診療の医者のところで言われたので、

①牛乳は飲まないこと。
②もち米ダメ。
③豚肉も

なので、これは気を付けました。が
こんなの、できないですよ。。

結果、なるべく積極的に取り入れないようにしたのが、

牛乳ともち米。
でも完全除去じゃないです。

今は、砂糖もダメとかありますが、
ほぼ治ってしまえば、

皮膚が悪くならないですよ。

徐々に良くなってきてはいますが、
結婚する頃の28歳前後では、

まだ首に出てました、

ごわごわと真っ赤になってしまう。

前ほどではないけど、
でも、見ればちょと酷いですね。

気持ち悪いと思われれば
結婚できないと思う。

 

プロトピックは、ニキビが出てひどい

花

そのころ新しく出たのが、
プロトピックという免疫抑制剤 の塗り薬。

それを皮膚科でもらい、試しました。

その時は、良くなります。。。

で、そのあと困ったのは、

すごい、ニキビが、ぼつぼつと白い粒粒セットで、
かおのあちこちにできる。

はぁ。。。という感じです。

免疫が低下するから、
こちらもあまりつけるな と医者に言われてもね。。。

そのころの記憶ですが、
医者が言ったのは、

免疫低下するから、あまり使うと、
がんになる可能性があるとか。。

もう、ほんと、どうしていいかわからんないですよ。

心に不安を持ちながらも、
結婚しました。

こどもにでたらどうしよう。。。

私の皮膚、これ以上ひどくなったとき、
相手に嫌われるんじゃないか。

不安のまま、
結婚しました。妊娠しました。

 

遺伝はしない~子供はきれいな皮膚だった

花

 

結婚後、妊娠して、アトピー性皮膚炎がどうなったかです。

わたしは、現在高校生になった2人の子供がいます。

2人とも皮膚、きれいです!

息子は、乳児のときに、一度、乾燥が原因で、
顔中に赤く炎症した湿疹ができたことがありますが、
保湿剤だけで、すぐに治りました。

小学生の頃までは、娘は、
時々、ひじと膝の裏に 出たこともありますが、
今はまったくなし。

キレイです!

 

体温を今朝ははかってみました。

中3の娘は、 36.6度
中1の息子は、36.5度
ついでに私は、36.4度 です。

息子は、小学生の頃、喘息があったのも、
すっかり良くなってます!

妊娠出産の話に戻りますね。

一人目を妊娠したとき、
妊娠中になんだか、皮膚が良くなってるわけです。

あれ?という感じ。

妊娠中だからかな??何か身体が変化してる?
汗をかいても、気持ちいいんですよ~痒くならなくて。

おおお~カリフォルニアに引っ越さなくても
こんな皮膚の状態でいられるならいいかも!!なんてウキウキでした

それから、
出産の予定日1週間ほど前のこと。検診にいったら、
なんと、妊娠中毒症になってしまいました。
いきなりです。

血圧が上昇していて、
普通に出産するのは無理と言われたのですが、
大きい病院に移してもらい、

無理言って、普通分娩にしてもらいました
が、大変。ま、いいですね、この話は。

出産したあと、皮膚がよくなりました~
妊娠中の良い感じが続きました。

そのあと、
10カ月くらいたったころから、
うう~~ん。
またアトピーがやや戻り始めました。

あーー。。また出てきたなぁ( 一一)
やっぱり。。。体が普通の状態に戻ってきたのかな。。

妊娠の効果もここまでか。

ふー。。。

そんなときです。
2人目妊娠発覚。。

 

2人目、妊娠中、今度は中毒症にならないように、
食べ物をものすごーく気を付けました。

納豆に醤油をかけない、
ドレッシングかけない。

餃子に醤油かけない。
お刺身も醤油かけない

味噌汁、汁を飲まない。

徹底的に塩分排除です。

今度は大丈夫でした
皮膚、また妊娠中にどんどんよくなり、

身体はつわりで、気持ち悪い、吐くし、
オナカも大きくなっていくにつれ、
不快な生活ですが、

アトピー性皮膚炎から解放されている
この快適な生活は、もうなににも代えられないほどの喜びです!!

オハダツルツルです!!

普通のヒトです!!

首の皮膚が信じられないくらいキレイ!

 

二人の子供を出産して、きれいな肌になった

桜

ああーーなんて幸せなんだ。。

2人目出産しました。

今度は、さらに、良いんです!
アトピーが消えた

アトピーが消えた。

 

そのあとも時間がたってももとには戻りません。

汗かいても、
アツい日でも

なにも変化しない。
いい状態のままです

顔も首もおでこも。

今も変わりません。
いい状態のまま。

細かく言えば、
指先がボロボロで、なおってないけど
痒いわけじゃないし、そのくらいはま、いいですよ。

こどもたちも、皮膚、きれいです。

遺伝かと思う人いるかもしれないですけど、
アトピー性皮膚炎だったのは、
5人家族のなかで、私だけでした。

妹2人とも、肌はとってもきれいです。
両親も皮膚はキレイです。

両親の親戚中、
アトピーがひどかったのは私だけでしたからね。

これ、今の私ですが、首も顔も、皮膚がふつうになりました!!

 

 

それで、アトピー性皮膚炎の代わり?ではないけど、
今度は原因不明の頭痛+吐き気がひどくなっていきました。

こちらも小学生の頃から、
定期的に頭痛と吐き気に悩まされてました。

それと、
一人目出産後から、今度は、
アタマの中に出てくる、
怖い映像というか、イメージみたいなものが出てくるんです。

恐怖で、ふと瞬間に浮かぶと、
それがリアルに感じるくらいになっていきました。

このままひどくなってしまったら、
精神おかしくなるんじゃないか と。。

たとえると、幻想?みたいなものです。

起きていても
寝る前に目をつぶると、

とにかく繰り返し、出てきてしまう。

今度は、それで医者へ。

もう、いつになったら、
普通に暮らせるんだろう。。。

 

いろんなものが重なって
病気ってなるのかもしれないですよね。

食べ物もあるし、空気もあるし、
いろんな人がいるので、それぞれ原因がわかれば、
酷いながらにも対処法が考えられるだけ、まだましかもしれません。

一番きついのは、原因がわからないことではないでしょうか。

私の場合は、原因がわからない。

原因不明の頭痛や吐き気なんかも続き、

あとで気づき始まったのは、

「心」なんじゃいかってことです。頭痛は、首のストレッチもして今は良くなりました。

頭痛、
結婚してから、ひどくなっていきました。

そのときは、普通に生活していたと思っていたので
生活そのものに頭痛のストレスがあったとは思ってもみなかったです。

別れてから、頭痛が激減しました。

それから、月日がたつほどに
どんどん頭痛がなくなっていって、
仕事が忙しすぎるときなど、原因がわかるときだけに頭痛になる。

これくらいだったら、気を付ければ
やっていける範囲です。

それに、首のストレッチをするようになって、
今は、頭痛がない!!

病気はストレスが原因

木

精神的に気づかないうちに
ストレスになっていることが日常生活にあるのかどうか。

いつも、相手の顔色伺わなきゃならない、
自分が我慢している
自分が相手に合わせていることが多い

「不安」「恐れ」「怒り」「悲しみ」

しらずのうちに心の底にたまったしまっている
その記憶が、未来を創ってしまうし、
その心の状態が
身体でサインででてくる。

アトピー性皮膚炎の病気も、いま考えれば、
頭痛も、「心」が相当に関係しているということ

子どものころからのアトピー性皮膚炎は、
父の支配的な態度やコトバで

心が縮んでいって
自宅内で心が休まらない。

顔色を伺って生きていた。
否定されて、ダメな自分だと思い込んでいた。
認められたくて。

つい最近まで、こんな年になって
初めて気づくことがいっぱいあります。

ずっと父を尊敬して生きてきたのに、
この年になってきて、心と病気と現実に起きた出来事を振り返ってみると

知らずのうちに、心に影響していた
思い込み、刷り込みが
自分の人生、苦しい方向に行くように
していたということ。

親の影響は多くあって、それは今さら
どうしようもないです。
悪いことばかりでもないです。

今から、気づいた時点で潜在意識に入り込んでしまった
自動スイッチを変える努力していくことなんですよね。

極端にいってしまうと、
「自分の心が原因」で、

現実や過去に起きた出来事は、良いも悪いもない。
それをどう感じているか だけなのです。

それを変えるには、
潜在意識にある、周波数を変えればいいんです。

その話は、別の記事でご紹介しますね。

 

今、悩んでいる方も、
今より改善する方法はあります

 

病院じゃ治らないからとあきらめないでくださいね。
どちらにしろ、潜在意識にあるトラウマや嫌な記憶のようなものが
邪魔していることがあるので、これは、
やっておいた方がいいと強くお勧めできます。

もちろん肌を大事にして、刺激しないように
や生活や食べ物を健康的になどはつづけてくださいね。

 

バリア機能も弱っているといわれますよね。
アトピー肌の時って、皮膚が薄い感じなんですよね。

アトピーだけではなくて、いろいろな病気や生活習慣病は、
断食もおすすめです。

 

やったことありますが、
すごい健康になります

事前に断食の知識や勉強はしっかりしてからにしてくださいね。
何日目かに、朝、手がしびれてしまったり、
頭痛がでたり、症状が出る人もいるみたいです。

安全に実施する
断食をしてくれる施設もあるみたいです。

病気は、基本「自分の心」=意識 がつくるといわれています。

自分の心を見つめ直す
きっかけかもしれませんね。

 

 

おすすめの記事