こんにちは!現実化イメージング大学校を運営している柳沼佐千子です。ビジネスでも、成功したいと思って、努力しているのに、なかなかうまくいかないのは、あなたの決心とは別に、「潜在意識」の見えない意識が強力に働いているからなのです。

潜在意識を効果的に書き換えるコツを取り入れて、実践してみてくださいね!

成功したい人は、潜在意識を変えることが必須!

ビルと空

成功したい、夢実現したい、そんな思いがある人は「潜在意識」を変える必要があります。

「潜在意識」は、多くの人が一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。最近では、一般的にもだいぶ浸透してきているので、活用している人も、活用するまででもなくても、知識として、知っている方も多くいるでしょう。

普段、わたしたちが、「今、話を聴いている」「今、ブログを読んでいる」など、生活の上で、「わかっている状態」は顕在意識と呼びます。(表面に現れていて自分で認識できる)状態です。

顕在意識というのは、自分でも自覚できやすい意識といえるでしょう。

なので、

・この服を着て行こう
・待合室では、静かに座って居よう

とか自分で意識している状態のことです。

この顕在化されている意識は、自分でわかっているものなのですが、、

成功する、夢を実現する、といったときに、

この顕在意識が、邪魔をすることがあったり、
自分でわかっているのに、その通りに動かないということもあります。

成功は、顕在意識だけでは言うことを聞かない

夕方と空

たとえば、こんな状況を浮かべてみましょう。

  • お金持ちは、性格が悪い
  • こんな年齢で、失敗したら恥ずかしい
  • わたしの能力は、こんな程度
  • 社長として、もっと稼がないとカッコが悪い

このように、現実では、もっとできるかもしれないのに、勝手に思い込んでいることがあります。
それは、成功したい!実現させる!そう思うのは、顕在意識。

うまくいかないときは、たいてい、上記のような当たり前のように思い込んでしまっている意識があるのです。

それを、「潜在意識」と呼びます。

 

潜在意識に刷り込まれているのは、子供のころからの体験

思い出の写真

よく言われることですが、
成功したり、うまくいくこと、目立つことを好まないような社会的雰囲気がありますよね。控えめに、とか、お金があることなどは言わない方がいい。ねたまれる、など知らず知らずのうちに、成功者は、あまり良く思われないと思われがちです。

最近では、だいぶ、自己表現の場も広がり、いろんな生き方を良しとする文化に変わってきていますが、
それでも、長年歴史的に、刻まれた集合的な意識のレベルでは、まだまだ残っているところともいえるでしょう。

目立たないように。
みんなと合わせる。

こういう常識が、学校、先生、会社、近所、、親、など、
無意識レベルで環境が、「成功」という言葉を、なんとなく避けるような感覚を持っていそうですよね。

 

それは、無意識にあなたの潜在意識にいつのまにか、刻み込まれていっているのです。テレビから流れるニュース、多くの人が当たり前といっている言葉、それが毎日、毎日あなたの潜在意識に成功しない方向に、方向性を与えているのです。

すると、成功できない自分は、

  • 学歴が低い
  • 人脈がない
  • お金がない
  • 能力が低い
  • センスもない
  • 行動力がない
  • こんな環境だから

だから成功できないのだ、と理由を作って、あきらめているのです。

これは、じつは、真実の姿ではありません。

潜在意識にできる!を伝える方法

空の写真

できないと思い込んでいることを変えて、理由や根拠もないけどできる!できそう!という潜在意識に伝える方法を取り入れましょう。

もう少し正確にいうと、

潜在意識にすでにたくさんネガティブな情報が入ってしまっているものを書き換えていくのです。

これはどのようにしたらよいでしょう。

そのためには、以下の2つの作業に取り組みます。

  1. 思い込んだネガティブな情報に気づく
  2. 潜在意識のイメージを書き換える

というステップを踏みましょう。

潜在意識が変わらない理由

花と空のイメージ写真

よく書籍や動画やブログなどで、「潜在意識を書き換える方法」というものがあります。しかし、潜在意識が書き換わって、人生が変わった!!と実感できたと感じられない人も多いでしょう。

その理由は、「体験レベルで実践していない」のです。言い換えると、思考、アタマで、理屈や理論ばかりで、感覚で体験していないのです。本や文章を読んで、なるほど、そういう理論なんだなと理解はするのですが、読んだだけと、自分ができる使えてるは、別物です。

たとえば、パソコンの使い方としましょう。

1.パソコンの電源を入れる
2.スタートボタンを押します。
3.立ち上がったら、ワードというアイコンをクリックしましょう。

なるほど、、とわかったとしても、どのような画面がでてくるのか、どんな風に動くのか、わからないですよね。

この状態は、明確にイメージできていない、体感もしていないのです。これは、実際にやってみて体験し、感覚を共有しないと、「なるほど、こうなるのか!」と本当の意味で、理解していないのです。

なので、頭で理解しているともりで、実際にやっていない人がとても多いんですよね。だから、潜在意識が書き換わって人生が変わった!というまでいかないのです。ようするに、実行していない、とも言えますね。

潜在意識が書き変わっていない例

本と知識

例えば、こんなパターンになっていませんか?

1.ダイエットして3キロやせる!(顕在意識)

2.痩せて素敵なプロポーションで水着をカッコよく着ている自分をイメージ!

3.毎日、腹筋とジョギングだ!(顕在意識で決める)

(3日後)

今日は雨だからやめておくか。。いつの間にが、やめている。

また痩せられなかった。やせるって大変だな。。
自分は意志が弱いな。(自己嫌悪。自己否定)

成功できない、実現しない(現実が変わらない)

これは、どうして、決めたのに変わらなかったかというと、
痩せたい、という願望はあるのに、潜在意識下では、「痩せたくない、痩せようと思っていない」状態なのです。

3%が顕在意識、97%は潜在意識。
どちらが優勢かと言えば、潜在意識ですね。

『人生の中で同じパターンで、何度もうまくいかない』を繰り返していませんか?

実現させたいときは、潜在意識まで情報を届けることが必須なのです。

 

やり方を見てきましょう!、 自分の潜在意識に情報を伝えて、現実もスムーズに変えていきましょう。

潜在意識の状態をチェックしよう!

水

さて、どのくらい潜在意識に、抵抗感(ブロック)があるのかをチェックしてみましょう。

具体的にお伝えするので、早速実践してみてくださいね。

出会う人みんなに、「私はビジネスで成功して、年収1億円になったの!」 と話をしてください。

「いや~お金って、簡単だね!」 「それで、安いから、3000万円で広告にあった住宅を3つほど買ったのよ~」 というかんじで、当たり前にそうしている、普通のこと、という風に話すのです。

まずは、他人にいえないひとは、独り言でいいので、誰もいないけれど、自分自身で声に出していってみてください。

どんな感じがしますか?

 

なんだか、違和感がでてくるのではないでしょうか?

違和感がある限り、現実化しません。
潜在意識が、「ほんとうじゃない」「現実じゃない」というサインを送っているのです。それが違和感です。

成功や夢が現実化する人は、イメージをしたときに、「違和感がない」状態なのです。その違和感を取るということが、潜在意識の書き換えなのです。

 

  1. 顕在意識で気づく(違和感)
  2. 潜在意識を書き換え(中和させる)

この流れを作りましょう。

    潜在意識を書き換える手法

    机の上

    潜在意識は、感覚で書き換わるのです。『冷静に思考で考えないようにすること』がコツです。

    アタマの良い理論的な男性社長と接する機会が多い私は、コンサルティングでもお伝えすることが多いのは、「感情」が優先だということです。特に、 潜在意識の書き換えには、思考はいりません。論理的思考は、ストップさせて、感覚感情イメージの力に漂わせるような感じが必要です。そうでないと潜在意識までたどり着かないのです。

    論理的思考は働かせない。その状態は、ゆったりと呼吸をしているときや、リラックスする姿勢、静かなまわりの環境でぼんやりとする感じです。 一般的にいうなら瞑想している状態ですね。アルファ波やθ波で、意識が静かになっている状態です。

    • ゆったりとリラックス
    • 寝る直前や起きた瞬間のぼんやりとしている状態

    こんな感じです。この状態の時に、意識の蓋が開いて、潜在意識に情報が届くのです。

    この状態になってからではないと潜在意識は書き変わらないです。初めての人は、ここから練習です。

    潜在意識は、強力に働くことについて、の動画です!↓

    潜在意識を書き換える3つのコツ

    樹の景色

    わたしが教えている「現実化イメージング」の手法では、「イメージ」を使います。

    イメージを使う

    イメージするときに、良く使うのは、

    そうなったときの理想の姿を映像にしてみるというやり方です。

    その時に、使うと効果的なのは、この3つです。

    1.「視覚」
    2.「聴覚」
    3.「触覚」

      慣れてきたら五感にしていきましょう。

       

      ポイントは、感情を色や形に変換させるというやり方です。これが、かなり効き目が深く入ります。感情が揺れ動くときに、潜在意識は書き換わりやすいのですが、多くの人は、なかなか感情をめいっぱい感じながら、イメージできない人も多いので、「色」「形」「重さ」にして書き換えることに慣れていきましょう。

      潜在意識を使って現実化した体験談は、こちらです!

      潜在意識の書き換えをしていくと起きる現象

      私の場合は、イメージの力を使い、潜在意識の書き換えをしてくのを繰り返すと、あれほどくるしかった人間関係の悩みが、最初になくなりました。

      今は、別の出来事を通して、自分の潜在意識に、このパターンが、のこってますよーのサインがやってくるのです。過去の出来事を振り替えると、共通して、思い込みの観念のシステムが、のっかています。潜在意識の書き換えをしていると、恐怖や不安などは、「うわー、まだあるかー」正直、こんな感想。そのたびに、必ず上に上がってるのは間違いないのですが、何回もやはり継続しておこなってこそ、人生が変わっていくので、あきらめないでくださいね。

      書き換えをすると『もう、これで大丈夫!』このままいれば、なんかいい感じと、未来がとても拓けていて、何でもできる、という確信が、でてくるようになります。で、そのあと、次の日くらいに。どーーーん、と、恐怖と不安が
      おそってきて、なんでこうなっちゃうんだろうと、意識の変革がすごいスピードでやってきて、アップダウンがすごいという現象も起きます。

      アタマでわかっていても、飲み込まれてしまいがちです。そんなときは、「また、はまってるなー。不安や恐怖は、ほんものじゃない。できないんじゃないか、わたしには力がない」否定的な感覚が襲ってきたら、それは真実ではありません。良くなっていくときに、良く起こりがちな現象です。よくいう無価値感や罪悪感をミックスしたものが、さらに強く出てくることもあります。

      書き換えするときは、仲間と一緒に、シェアしながら進んでいくと、いいですね。

       

      おすすめの記事