コーチングを受けて真剣に聞く経営者

コーチングに興味ありませんか?

コーチングはビジネス界を中心に組織開発やスキル向上の手段として広まってきています。

今回の記事ではコーチングを受ける前の段階として、コーチングがどのようなものかやコーチングを受ける前にやっておくべきこと、確認しておくべきことを紹介してます。

 

コーチングをオススメする人

目標が明確な人へのコーチング

  • 達成したい目標がある(仕事でもそれ以外でも可)
  • 人間関係を改善したい
  • 組織の向上を図りたい(部下の育成、モチベーションアップなど)
  • 自分を客観視したい(自問自答に限界を感じる)

主にこういった人たちはコーチングを受けるのに向いています。

 

日本では社長などの経営者や組織のリーダーが仕事に関してのコーチングを受けていることが多いですが、仕事以外での人間関係や恋愛などプライベートな分野でのコーチングもあります。

コーチングのやり方の基本

コーチングを受けるにあたって

コーチングを受けるには

コーチングを通してどうなりたいか

コーチングを受けるにあたっては必ず何かしらの「テーマ」(どんな効果を期待するか)を持って臨むといいですね。

  • 将来やりたいことを明確にする
  • 資格取得などのスキルアップを図りたい
  • コミュニケーション能力をアップして会社内で有力な人材になりたい
  • プロジェクトを成功させる

など、人によって様々な目的があります。

 

コーチングは目的を明確化し、その後の行動を自発的にする手法。

その目的によってコーチングの受け方やスタイルも変わってきます。

 

もし目的や目標が定まらなくても、コーチングのセッションを受けていく中で出てくる場合もあるので大丈夫です。

 

コーチングの期間や回数

コーチングは一般的にある程度期間は定めてやることが多いです。

基本的に1回きりではなく継続して行い短い場合で3か月、長い場合は数年間行うこともあります。

どんなテーマにしてもなにか目標を定めてそれに向かってコーチングは実施されることが多いです。

 

ただしコーチングは1度や2度やって目に見える成果が出るとは限らないので、ある程度の時間(数か月くらい)は行うのをオススメします。

長く行うことで、自分の中での変化も感じ取ることができます。

 

コーチングの受け方

基本的にはマンツーマンで対面でというのが普通ですが、最近は電話はもちろん、オンラインによるコーチングもあります。

セミナー形式も増えていますね。

 

特にどちらが良い悪いではなく、それぞれメリットとデメリットがあります。

 

対面であれば、

  • コーチの雰囲気、表情を直接見れるので安心感がある
  • 会社の会議室、ホテルのラウンジ、その他コーチの指定した場所など実施する場所が様々
  • オンラインよりは時間の融通が利かないので、他の予定との兼ね合いは要確認

といった特徴があります。

 

一方でオンラインの場合は、

  • 場所や時間を自由に設定できる
  • 移動時間がほぼない
  • リラックスした環境、状態で受けられる(好きな場所でできるため)

といったメリットもあり、実際オンラインでのコーチングも増えています。

また最近では無料のオンライン通話のツールも出てきており、ZOOMやSkypeなど様々なものがあります。

特に地方在住だと対面でコーチングを受けられる機会に限りがある場合もあるので、そういう時にオンラインのツールは有効ですね。

 

コーチの選定

コーチングを行う人をコーチ(受ける人はクライアント)と呼びますが、コーチと一口に言っても一人一人得意分野や専門分野があります

仕事で成果を出す、スキルアップなどがビジネスを専門に扱うコーチもいますし、メンタルトレーニングやメンタルの強化などメンタルに関わることを専門にするコーチもいます。

 

自分がコーチから何を教わりたいかを確認したうえで、コーチを選ぶ際はその人の専門性も確認しておきましょう。

またコーチも人なので、人となりなどで合う合わないがある可能性もあります

コーチによってはホームページやSNS(TwitterやFacebook等)での発信、人によっては著書などもあります。

発信手段も最近は多くなってますので、情報はたくさんあります。

それらを一通り見て、事前にどういう人かを確認しておくのも良いですね。

 

さらに体験のコーチングを実施しているコーチもいるので、もし気になるコーチで体験を実施している場合は見極めるために受けてみるのもオススメします。

コーチによっては無料で実施している場合もあります。

体験を受けることで、コーチがどんな人かやどんな風にコーチングを行うかも分かりますし、なによりコーチングを受けることに対する心理的なハードルも下がります。

いずれにしても、事前にコーチがどんな価値観を持っているかやどんな人かを把握しておくことは重要です。

 

コーチングの料金

料金についてはコーチによって様々です。

相場をまとめると、

  • 安いところでは1時間2000円から
  • 高いところでは1時間50000円も
  • 管理職向けだと10万円になる場合もある

コーチングを受ける層によって金額は変わりますが、平均すると1時間1万円~1万5千円くらいが相場のようです。

ちなみにコーチングセッション1回はだいたい1時間前後(45分~90分)の所がほとんどです。

 

ただし高ければ絶対に良いというわけでもないですし、逆に安くても質などが心配されるのであくまで一つの目安としてみておくのが良いでしょう。

この点については、値段と共にコーチがどんな人かを確認しておきましょう。

コーチングとは相手の自立を助けるコミュニケーション

コーチングを行う前に確認すること

自分に合ったコーチを見つける

  • コーチングを受けてどうなりたいか
  • コーチングの期間や回数をあらかじめ決めておく
  • コーチングの受け方(実際に会うかオンラインか)
  • 専門性や人となりから合うコーチを選ぶ
  • コーチングの料金も様々なので要確認

 

これらの点はコーチングを受ける前に気をつけたり、確認しておきましょう。

ここまでを一通り確認できれば、コーチングに対するハードルも下がり受けやすくなるでしょう。

自分に合うコーチ、コーチングセッションを発見して、能力向上や組織開発を頑張っていきましょう。

コーチングとティーチングの違いと使い分け

毎日柳沼。「読むだけでみるみる部下との人間関係が好転する」無料メールマガジン!!
人間関係メルマガ画像

3000人超の社長やリーダーが直面している「ここだけ話」のトラブルや問題を心理分析してきたわたしが、部下との良好な関係を築き部下育成に効果的なとっておきの方法をこのメールマガジンでお伝えします!

潜在意識を書き換えるには、自分自身で意識し続けることが大切です。
毎週お伝えするテーマを日々意識して過ごすことで人間関係が好転しますよ!

⋄⋄今なら、「<必読!>面談で部下の心をグッとつかむ!上司のための教科書」プレゼント⋄⋄

ぜひ今のうちに、GETして、
あなたの、本物のリーダーとしての人生にお役立てください!

おすすめの記事