継続すれば大地に花を咲かせる

あなたはメンタルを強くしたいと思いませんか?

メンタルが強いか弱いかでビジネスからプライベートまで幅広く影響が出てきます。

当然ですが、メンタルが強い方が良い影響はあります。

メンタルが強い方が仕事の成果も出やすいですし、人間関係の構築も上手く行きやすくなります。

  • メンタルが弱くて困っている
  • メンタルを強くしたい
  • メンタルを強くする方法を知りたい

そんな方は今回の記事を読んで、強いメンタルについて知りましょう。

 

メンタルが強い人の特徴

メンタルが強い人の特徴

メンタルが強い人は考え方や、思考パターンがまるで違います。その特徴を知っていきましょう。

 

他人に優しい

メンタルが強い人は、いわゆる「余裕」のある人が多いです。

さらに言えば他人に優しい傾向があります。

 

メンタルが強い人は前向きな要素も強いので、怒りなどの感情もそれほど抱きません。

また怒るような場面に出くわしたとしても、メンタル強い人はいわゆる気持ちの切り替えも上手いことが多いです。

そのため他の人から見れば、余裕のある立ち振る舞いをしているように見えますし、またメンタルが強いと心に世も余裕が生まれるので他人にも優しくできるのです。

 

愚痴を言わない

自分にしても他人にしても人の言動は雰囲気などに大きく影響を与えます。

愚痴を言うと、ネガティブな空気感を醸し出しそれも組織など周りの士気などに影響します。

 

愚痴は基本的にネガティブなことを言いますが、ネガティブな言動は周りはもちろん自分自身にも悪い影響を与えるので愚痴を言うのはオススメしません。

言いたくなる気持ちも分かりますが、そういう方は次に触れるストレス発散をしっかりやると良いでしょう。

 

ストレス発散をしっかりしている

メンタルの強さを維持する上で過度のストレスは大敵です。

そのためストレス発散を習慣づけることが非常に重要になってきます。

 

具体的なストレス発散方法は、

  • 運動する
  • 寝る
  • 読書する
  • 散歩

など人によって適切なストレス発散方法は様々です。

自分に合ったストレス発散方法を見つけてみましょう。

 

また、後程触れますがストレスは体調とも密接な関係があります。

そして、その体調もメンタルとは同調している部分があります。

そのため、ストレスを発散することはメンタルを強くするのはもちろんですが、体調管理にもつながっているのです。

 

失敗は成功のもとと思っている

メンタルの弱い人は失敗をとにかく悲観的に捉えてしまい、それをズルズルと長く引きずってしまいます。

その状態で何か仕事などやっても成功しづらくなってしまいます。

 

それよりも失敗をしたら「どうすれば成功できるか?」というように、考えることができる人がメンタルが強い人の特徴でもあります。

失敗をする事で今の自分に足りないことや成功までの道のりを知ることができます。

成功は失敗があってこそできるものです。

 

失敗は成功のもと」という言葉がありますが、まさにこれはメンタルが強い人を現した言葉でもあります。

失敗をするほど成功への道筋が見えて、改善を加えて成功にも近づくのです。

 

メンタルを強くする方法

メンタルを強くする方法

他人を気にしすぎない

仕事においては他人と競争する場面もあります。

営業成績などの数字はまさにそうですよね。

 

ただし、そこで他人を気にしすぎると、自分のペースや目標が乱されて上手くいかないなんてこともあります。

もちろん、他人と競争すること自体は自分のモチベーションを上げるという意味では良いことでもあります。

 

人気が出てくると、他人との競争を意識しがちになります。

それでもやはり、気にしすぎはかえって自分を縛ることにもつながるのでほどほどにすると良いでしょう。

 

自分と他人、どちらを意識するか。

ここもバランスが重要ですね。

 

生活習慣をしっかりする

体調とメンタルの状態も実は連動しています

体調が悪くなれば、メンタルも弱くなりやすくなります。

逆にメンタルが弱ければ、体調を崩しやすくなり仕事に対して力を発揮できないという事態も起こり得ます。

このように仕事で成果を上がられないのは、必ずしもスキルに原因があるわけではなく、体調やメンタルに問題があることもあるのです。

 

なので、メンタルを強くしたい方は体調管理をしっかりしましょう。

基本は規則正しい生活。

栄養バランスの取れた食事や適度な運動、適切な睡眠時間の確保もしっかりやりましょう。

 

自分に自信を持つ

自分に自信を持つことができるようになればメンタルを強くなるのもありますし、メンタルを強くすることで自信がつくこともあるので、実は自信とメンタルは密接な関係があります。

自信をつけることで心が前向きになります。

前向きになることで、仕事にも良い影響を与えます。

 

例え特技など自信を持てるものがなくても、新しくチャンレンジしたりちょっとした成長にも自信を持っていきましょう

すぐに身につくものではありませんが、地道にやることで確実につきます。

 

自分を責めない

反省することは次に活かすという意味でも非常に大事な事です。

でもそれが度が過ぎて「自分はダメな人間だ・・・」などど自分を責めるようになってはいけません。

 

このようなネガティブな感情は時にあなたを精神的に蝕んでしまうこともあります。

過ぎたことは考えすぎず、次に切り替えていきましょう

「失敗は成功のもと」とも言いますから、その苦い経験は後々あなたの糧になります。

メンタルを鍛える方法。特別なスキルはいらない

習慣づけと継続が重要

トレーニング中

このようにメンタルを強くするトレーニング方法はちゃんとあります。

いずれも特別なスキルなどは必要ありません。

ただし気をつけてほしいのは、どれも1日や2日とそんなすぐに効果が表れるわけではないという事です。

 

たとえその日、その時に実践できたとしても継続し、長期に渡ってできなければ意味がありません。

習慣になるには少し時間が必要なので、焦らずじっくり取り組みましょう

メンタルをトレーニングを受けることで得られる効果

メンタルを強くする方法のまとめ

トレーニングの習慣化

  • 他人の言動を気にしすぎないようにする
  • 規則正しい生活を心掛ける
  • 自分に自信を持つ
  • 失敗しても自分を責めない

 

以上がメンタルを強くする主な方法です。

これらを習慣づければメンタルを強くすることはできます。

ただし、短期間での習得は難しいと思っていてください。

 

トレーニングを受け、一度習得してもそこから継続できなければ意味がありません。

地道に心がけていくこと、できるようになったら確実に継続していくこと、この点を心掛けましょう。

メンタルトレーニングを受けたい人へ。トレーニングの概要

毎日柳沼。「読むだけでみるみる部下との人間関係が好転する」無料メールマガジン!!
人間関係メルマガ画像

3000人超の社長やリーダーが直面している「ここだけ話」のトラブルや問題を心理分析してきたわたしが、部下との良好な関係を築き部下育成に効果的なとっておきの方法をこのメールマガジンでお伝えします!

潜在意識を書き換えるには、自分自身で意識し続けることが大切です。
毎週お伝えするテーマを日々意識して過ごすことで人間関係が好転しますよ!

⋄⋄今なら、「<必読!>面談で部下の心をグッとつかむ!上司のための教科書」プレゼント⋄⋄

ぜひ今のうちに、GETして、
あなたの、本物のリーダーとしての人生にお役立てください!

おすすめの記事