こんにちは、柳沼佐千子です!

初対面から好印象をもってもらえるコツを具体的に知っていますか?
好かれる人が実行している、「好印象を与える方法」=技術があるのです。

実は、
その方法を知らず、
出会いの瞬間で、損をしてしまっている人が多いのです。

初対面の出会いは、ビジネスや趣味の仲間、恋愛の出会いなど、
人生のあらゆる場面で共通しているほど、重要なものなのです。

それなのに、多くの人は、
事前にその方法を受験勉強のように、
全力で取り組まないのです。

そして、実際に相手の心を掴めるようになるには、
訓練が必要なのです。

初対面で緊張しがちで、暗いなという印象を与えないように、
良い印象を持ってもらえる方法を勉強しましょう!

ちょっとした印象のコツを取り入れるだけで、
あなたは、相手と打ち解けるまでの時間があっという間になりますよ!

では、コツを見ていきましょう!

 

好印象な初対面をつくる方法

初対面から、好印象を与える方法がわかれば、人間関係がスムーズになりますね。
人間関係は、ビジネス、恋愛、友人、趣味、近所などのコミュニティーなど、

あらゆる人生のシーンで、役立つこと間違いありません。

しかし、多くの人が、
どうれば、初対面から好かれるのだろう?と
やり方がわからず、曖昧のまま、接しているというのが現状でしょう。

初対面の人との出会いを
ストレスに感じている人も少なくないかもしれません。

さて、わたしたちが、
誰かと会った瞬間の初対面から、
いい感じのする人と
なんとなく感じが悪い、暗い、など、感じる人がいますよね。

この初対面で感じるなにかを、
第一印象といいます。

初対面で感じる第一印象とは?

初対面で感じる第一印象は、
3つの要素で出来ています。

1.外見 55%
2.声 38%
3.話の内容 7%

第一印象を良くするためには、
外見と声がとても重要だということが言えます。

 

初対面から好印象の人とそうでない人の違い

好印象な気持ちと景色

初対面で、暗いな~、と思われがちな人は、
外見と声の出し方を変えれば、明るい人と劇的に変わることができます。
まずは、明るい人と暗い人の特徴を見ていきましょう!

恋愛の場面でも、結婚相手にいいなぁという人には、
共通する「印象の良さ」があります。

これは、男性でも女性でも、年齢も関係ありません。

好かれる女性、心を惹きつけられる男性は、

やはり、暗くて無表情な人より、
ざっくり表現すると「明るい」人なんですよね。

明るい人の特徴~初対面の接し方

1.出会った時に、自分から挨拶ができる
2.自分から笑顔を向けられる
3.相手の目を見て挨拶ができる
4.姿勢が良い
5.声が明るい

暗い人の特徴~初対面の接し方

1.初対面のとき、不安そうなオドオドした雰囲気
2.相手の顔を見ない
3.声が小さい、暗い
4.相手が話しかけてくるのを待つ
5.無表情

いくつ当てはまりましたか?
あなたは、
明るい印象の人ですか?
それとも暗い印象を与えているでしょうか?

ここでひとつ、厄介なことがあります。

多くは、自分で自分を評価している「好印象」の感じ方と、
周りの人が、あなたに対して感じいてる「好印象」のレベルに差があるという事実です。

要するに、
自分では、悪くないと思っているのに、
どうして好かれないんだろう?

人間関係がうまくいかないんだろう?

というループにはまりがちなんです。

ポイントは、
自己流でのやり方や現状を放置しないこと

もういちど、客観的に見える良い印象になっているかどうかを
1からチェックすることをお勧めします。

もし、あなたが接客の仕事をしているなら、
接客場面で売上アップすることも視野にいれるていることでしょう。
こちらの記事をごらんください。

初対面の好印象は、0.1秒から始まる

脳の反応は0.1秒

初対面の0.1秒で、人の印象は決まっていきます。

脳には、扁桃核という場所があります。
出会った瞬間の0.1秒程度で、快や不快を判断するといわれています。

出会いの瞬間、初対面では特に、
この0.1秒に、120%集中するようにしてください。

 

初対面で好かれる人の表情のコツ

思いきりの笑顔3つのポイント

初対面のときに、表情がこわばる人も多いかもしれません。

相手にどう思われるか、嫌われたくないという意識が働くと、
相手の顔色を伺ってしまいますね。

初対面の0.1秒の印象で、相手にどう感じてもらえるかに、
大きな影響があります。

なので、初対面のときに、相手の顔色をうかがっているとき、
あなたの表情は、どうなっているでしょうか?

相手は、あなたが、自分の顔色をうかがっているなんて、
思っていません。

相手は、あなたの無表情や緊張している表情をパッと見て、
暗そうな人、近づきにくい人、怖そうな人など、
マイナスがイメージを持ってしまうのです。

あなたの心のうちはどうであれ、
会った瞬間に、相手に好印象を持ってもらう表情を出すことが大事です。

出会いの瞬間の表情は、思いきりの笑顔

出会いの瞬間は、0.1秒。
考えていたり、相手の顔色をうかがっていては、間に合わないのです。

先手必勝の考え方で、
ニコっと、相手より先に笑顔をパッと向けます。

このとき、相手の表情や様子で、あなたは笑顔を出すか出さないかなど、
躊躇したり、笑顔の大きさを調整したりする必要はありません。

一切、空気を読む必要はないのです。

空気を読まないから、
好かれるともいえるのです。

初対面で、知らない人に、パッと思いきり笑顔を向ける。
そのためには、訓練が必要です。

表情の筋肉を動かしましょう。

思いきりの笑顔のトレーニングは、日々続けることが大切です。
こちらの動画で、一緒に練習していきましょう!

 

0.1秒で好かれる方法と思いきりの笑顔の本
『空気を読まずに0.1秒で好かれる方法。』朝日新聞出版

0.1秒の初対面で好印象をつくる本

 

■笑顔の作り方は、こちらを見ながら練習しましょう!
笑顔トレーニング!印象の良い人が実行している2種類の笑顔の法則

■職場でみんなで笑顔トレーニングをしたいなと思っている方は、
笑顔トレーニングを朝礼で取り入れる方法!営業と接客の販売力を劇的にアップ!

で、朝礼で日々取り入れると
笑顔の筋肉も、トレーニングされますし、
職場全体で継続できるようになりますよ!

 

初対面での会話のコツ

初対面の会話のコツを学ぶ

初対面のときに、どんな話をすれば好印象になるでしょうか。
そのコツをお伝えします。

相手に自分のことを話そう~自己開示

自己開示をする

初対面のとき、相手の情報がないですね。
知らない人に対して、警戒心が働くのは、相手がどんな人かわからないからです。

自己開示とは、自分の話をするということです。

初対面での会話では、
まず、自分の話をしていきましょう。

個人的な情報を話すと、
相手も同じように話してくれるようになります。

例えば、
「接客の仕事を10年やっているんです」

といえば、
「そうなんですね、私は、コールセンターでお客様の対応業務をしているんです」

こんな感じで、
相手は、あなたが話してくれた内容にお返しをするように、
会話が続くのです。

その他にも、自己開示の会話の例として、

仕事
家族
趣味

など、差支えない程度でいいので、
個人的な話をしましょう。

すると、それをきっかけに
相手がどんな人かわかるようになり、
相手もあなたに心を開いてくれるようになりますよ。

 

嫌われる初対面の会話とは

驚いた様子

初対面から、自己開示が良いということで
話しすぎるのも気を付けましょう。

初対面から、なにか特別な理由がない限りは、
過去の不運な話や、事故、病気、など、一般的に聴いても
あまり気分の良くない話は、避けて、

明るい話や、一般的な話の程度にとどめましょう。

初対面でも話が弾むためのコツ

 

相手のことを否定しないこと。

人は、自分のことを否定されたり、批判されることを
嫌います。

意見が違う、考える視点が違うだけと
理解して、自分とは違うなと思っても、

目の前で否定することはやめましょう。

また、無意識に、相手を自分より立場が下、要するに、
上から目線というような態度や言い方が
出ていると、知らずに嫌われていることもありますので、気をつけましょう。

相手との共通点を探す会話をする

似ている

人は、自分と似ている人を好みます。
似ているというのは、
趣味や、考え方、行動、など、
自分と共通している人に、心が近くなる傾向があります。

共通を探す会話の例

好きな音楽は?
好きな趣味は?
好きな食べ物は?
休みの日の過ごし方は?
学生時代の部活は?

出かけるのが好き?
家にいるのが好き?

ペットは?
家族構成は?
未来の夢は?
職種は?

相手に聞いてみましょう。
そして、同じことが見つかったら、

「わたしも、○○が好きなんです!!」と言って、

あなたと同じ、共通している=仲間 ですよ!
という気持ちを伝えるのです。

すると、あなたとの心の距離がぐーっと縮まります。

共通点を見つけ、
「わたしもです!!」という。

この会話ができると、
会話が弾むようになりますよ。

 

聴くときは、相槌とうなずきを使う!

聴くときの態度で、印象が左右されます。

相手が話しているときに、
会話といっても、言葉だけではなく、
目からの視覚情報を多くとらえているのです。

話をしながら、
あなたの体や表情などの動きを無意識に見ているのです。

好印象の聴き方~態度3つのコツ

聴きながらする身体の動きは、

1.首を縦に振る
2.上半身を相手に向けて前傾姿勢にする
3.笑顔

この3つのポイントを守って、
感じの良い聴き方をしてくださいね。

ありがとうございます!と良い印象の言葉を使おう

素敵な言葉
  • プラスの言葉
    ありがとうございます、
    嬉しいです、
    楽しいです、

とプラスの言葉を選んで使いましょう。

あなたが普段口にする言葉は、
プラスの言葉とマイナスな言葉とどちらが多いですか?

  • マイナスな印象を与える言葉どうせ無理ですよね、
    またうまくいかなかったんですね、
    大変ですね、
    難しくないですか
    パッとしない人ですね
    顔色悪いですね、
    老けましたね

など、一般的に、
否定やマイナスにとらえられがちな言葉です。

マイナスなことを言われた体験談

驚いた様子
以前に、わたしも
「老けてますね」と言ってきた男性を大嫌いになりました(^^;)

「顔色悪ですね」も使わないようにしましょう。

相手の潜在意識に、悪いのかなと思い込ませる力が増幅してしまうからです。
もし、あなたが、何も言わないか、
以前より、最近イキイキして楽しそうですよね!!

というと、相手は、
そうなんだ!と、感じると、そのような気持ちになり、行動も変わっていくきっかけにもなります。

あなたの言葉次第で、
相手をさらに、マイナスに下降させることも、
良い方向にいくきっかけをつくることもできるのです。

マイナスな言葉を言われたときの対処法

マイナスな言葉は、受け入れない。
受け取らない、と決めてください。

その言葉は、相手が勝手に思い込んだ内容なのです。

人は、自分の心の状態を相手に投影します。

もし、あなたが「私は太っていて醜い」と気にしていたとしましょう。

すると、いつも、そのことがあなたの心にありますので、

「●さんの洋服の選び方って、特徴あるよね」

と言われたとします。
「洋服の選び方に特徴」は、良いとも悪いとも相手は言ってないですね。

ですが、もしあなたが太っていると気にしていると、
心の中で、

「あ、、やっぱり、太っているから洋服が似合わないんだ」

みたいに思いこんだりするんです。

ですので、
周りの人があなたにいうマイナスな言葉は、
その人の心の中にある情報から、判断され、
出てきた言葉なのです。

あなたが、それを、どう受けて、解釈するかは、
あなたの自由なんですよ。

 

不快を感じた会話の体験談

話をしたい、一緒に仕事ができないかという打診をいただいたことがあります。
その会話の中で、不快に感じたのは、

相手からの要望であったにもかかわらず、
「事務所においでいただければ幸い」、という言い方です。

「どちらにお伺いすればよろしいでしょうか」という一言があれば、
印象は良かったですよね。

マナーでは、丁寧な言葉遣いですから、クリアしているといえるでしょう。
言葉遣いが丁寧だけでは、良い印象はつくれませんね。

相手と、人として平等であるという意識で、目の前の人をみてみましょう。
女性だから男性だから、新人だから、年配の人だからと、
上下の見下した判断をしていないかどうかも、気を付けましょう。

マイナス思考より、プラス思考が好かれる!

気持ち良い気分になる

物事を前向きに捉えられる、プラス思考になりましょう。

誰かと話すとき、
自分自身が前向きな気持ちになれること。

「わたし、こんなに酷いことあったのよ」
「なんであの人は、こうなのかしら」

など、批判や文句、不満や愚痴を言い合うことは
やめましょう。

理由は、
あなたが意識をしていない潜在意識に、
愚痴や不満の思考のループが強くインプットされてしまうからです。

逆に、いつも
プラスのエネルギーを持つ、言葉を何度も聴いていると、
意識の中に、できそう!、楽しい!と物事を前向きに捉える

いわば、思考の癖、パターンができあがるのです。

すると、潜在意識は一説によると97%の影響力があり、
自分自身が、何気なく、思いつくことや、
行動、言動が出来上がってしまうのです。

いつも、あなたのまわりに、
「できるよ!」
「大丈夫だよ!」
「うまくいくよ!}

 

という人と一緒にいると、
なぜか、そんな気持ちになっていくものですよね。

日々、あなたの潜在意識の中に、知らずのうちに入ってしまう、
言葉や考え方、は、一緒にいる周りの人を選ぶことでも、

自分の人生を創り上げるといえますね。

 

そもそも、明るい前向きな人というのは、
プラス思考。プラスのエネルギーを放っていますので、

暗い、ぐちぐち、文句、不満な人とは、
一緒にいたくないものなんですね。

なぜなら、相手も、同じ感覚で話す人が、
心地よいからです。

もし、あなたが変わりたいと願うなら、

1.プラス思考、明るい人と一緒にいる時間を長くする
2.あなた自身が使う言葉も、明るいプラスの言葉にする
3.心の中のマイナスな気持ちに気づいたら、すぐに気分を変える

この3つをまず実行しましょう。

引きずらず、すぐに良い気分に変えよう!

気分が良い景色

相手から嫌なことを言われた、、
ムカムカした。。。
腹が立った。。

毎日の人生では、そういう出来事も起きますね。

そのあとの、あなた自身の対処法の違いによって、
人生は大きく変わるとも言えます。

あなたは、どちらのタイプですか?

1.気分をサッと変えて、すぐに態度をよく戻せる
2.いつまでも、グズグズとこだわり続ける

V字回復する力が重要なんです。

いつまでも、しつこくネチネチ
許せない!と相手に対して、変なプライドで、
考え続けるのは、あなたの心のレベルを下げます。

心で感じている、
意識には、エネルギーがあります。

相手に対して、怒っているのでしょうが、
怒っている状態は、あなたの意識の底にあるものなので、

その怒りのエネルギーは、重たい脳波として、振動が出ています。

その脳波の振動数は、
自分自身の身体に、影響をし続けますので、

病気にもつながっていくのです。

相手にイライラしているつもりが、
実は、自分が一番損をしてしまうのです。

いつも、今、どんな気分かな?

とチェックしましょう。
いつもいい気分で過ごすことを、実行しましょう。

理想の未来をつくるのは、
あなたの意識がプラスになっていることが必要なんです。