みなさんこんにちは! 柳沼佐千子です。

朝礼で、スピーチをする会社も多いことと思います。
どんなネタで、どんな話にまとめればいいのか、
初めての時は、とても緊張しますよね。

カンタンに、惹きつける朝礼での話のコツをまとめました!

 

3分間で話すネタの選び方のコツ

初対面で好印象の人

朝礼でのスピーチは、3分程度が多いかなと思います。

ネタの選び方に困っている方も多いのではないでしょうか。

ネタを選ぶ前に、
まず、この2つのどちらかから考えましょう。

1.伝えたい結論を決める→ ネタを探す
2.ネタを選んでから、伝えたいメッセージを決める

 

このどちらかだと、考えやすいですよ。

まず、スピーチでは、
何を伝えたいのかがはっきりしていないと、話を組み立てられません。

メッセージを決めましょう。

例えば、このスピーチで伝えたいのは?

結論の例
「笑顔は大切です」
「休むときは、しっかり休もう」
「オシャレを楽しむと仕事も楽しくなる」

このメッセージがはっきりしたら、
このメッセージを伝えるのにふさわしい、時事ネタや本の引用、雑誌や新聞記事、
自分の体験談、などを探します。

いくつも言いたいことがあったり、
結論となるメッセージがきちんと決まっていないと、

「結局、なにがいいたいのかしら?」と思われてしまい、
結果、おもしろくないスピーチになってしまうんですね。

自分が本当に思っていることを話す

セミナー様子

会社の朝礼スピーチだからと、
自分が心底思っていないことを、常識だからとか、これを言っておいたほうが無難、、
こんな考え方だと、

自分の気持ちが乗らないですよね。

人間は、潜在意識97%とも言われています。
すると、
本気で、思っていないことをいうと、
相手にも、言葉以外のところで、おもしろくないような感じを受け取ってしまいます。

たとえ短いスピーチだったとしても、
自分が本気で、そうだなと思う内容にしましょう。

 

心に響く話のポイントをつくる

スピーチ

人は、話を聴いたときに「心が動いたか」どうかで
話が良かったかどうか、と判断しがちです。

要するに、「心に残る」話にするには、
ポイントがあります。

感情を表現する言葉をいれましょう。

 

「楽しい」
「嬉しい」
「ドキドキした」
「怖かった」
「寂しかった」

など、スピーチの中に、
あなたが心が動いた瞬間が、とても相手の心にも残るものなのです。

 

なので、事実ばかりを説明する話だけではなく、
そのとき、あなたがどう感じたのか?

どう思ったのか?

という感情の動きがわかるように、
話してみましょう。

とくに、「心の声」を言葉にして伝える
あなたらしい人間性も伝わるので、とても魅力的に感じます。

 

時事ネタの選び方のコツ

気持ち良い気分になる

時事ネタでは、マイナスな出来事よりも、
プラスに使える内容にしましょう!

朝にやることが多いスピーチです。
ですので、前向きな気持ちになる内容を選ぶといいですね。

NGな話題

よくありがちなのは、
「風邪が猛威を振るってますね」
「インフルエンザが流行ってますので、気を付けてください」

このメッセージは、一見、時事ネタですが、
社内の人に向けてするスピーチには、あまり良い影響を及ぼしません。

なぜかというと、
人の意識は、信じたものを実現させる特徴を持っています。

なので、不用意に、
マイナスな心理を与える情報を提供し、相手の意識を集中させることは、
社内の人の意識において、良い影響は与えません。

ですので、
同じようにメッセージを伝えるにも、

×風邪をひかないように、」というメッセージではなく、
〇「今日も、一日、健康で!」と言ったほうが良いのです。

何気なく使っている言葉、
社内の人に向けて、しかも朝の3分スピーチでは、

そこにいた社員のみなさまの心理に、
プラスのイメージをインプットする話題を選びましょう!

 

メモを見ないで話そう!

セミナー

手元のメモを見ながら話す人がいます。

それだと、せっかくのステキなメッセージも
半減して伝わりがちです。

そこで、ネタや話すことをメモはしておいても、
見ないで話すようにしましょう。

そのためには、
話したいことを、2つから3つのポイントにしておくと忘れません。

今日話すことは、2つです。
今日は、笑顔の大切さについて3つお話しします。

のように、
冒頭で数字で、先にいいましょう。

すると、話もまとめやすいですし、
どこまで話したのか?など頭が真っ白にならずに済みます。

 

スピーチ内容の組み立て方のコツ

仕事場での人間関係

■スピーチの話の内容の組み立て方の3つのコツ
1.結論、言いたいメッセージを一つ決める

2.それに合った、材料・ネタをさがす
3.話のポイントを2つか3つにする

特に、人は、いちどに3つまでしか覚えられないといわれています。
たくさん伝えたくても、
ギュッと2つ~3つに絞りましょう。

紙に、上記をまとめて書くだけで、
慣れてくると、細かく文章になどしなくても、
話せるようになっていきますよ!

話す内容も大事なのですし、
実は、それと同時に、表情や声の印象が、相手に伝わる印象を変えます。

笑顔で話す、
声のトーンを工夫する

スピーチのときにお勧めしたいのは、サンドイッチの笑顔です。

話す文章、言葉の前後に、
思いきりの笑顔を加えることによって、
スピーチ全体が、聴き手に好印象を与えます!

人前に立つときは、もちろん
初対面の好印象が、スピーチでも同様です。
聴き手の心を動かします。

こちらの記事を参考に↓

初対面で好印象になる7つのコツ

 

ビジネスで役立つスピーチのまとめ

立派なことを言おう、というより、
小さな出来事の中から、

貴方がどう感じたのか?をいれたスピーチだと、
社内の朝礼で、あなたらしさも伝わりますね。

日々、仕事中にあまり会話する時間がない職場では、
ぜひ、自分らしさを伝えるスピーチにするのも良いですよ!