笑顔の印象トレーニング。出会った0.1秒で売上が決まる


スタッフが暗い。明るく元気な雰囲気に変わってほしい効果がでない。マナー研修を行ったが正直…重要性が。男性が多く、お客様対応の重要性を分かってもらえない笑顔が浸透しない。理屈や抵抗感を持つ社員が多くて…研修で寝る。研修を実施しているが、毎回寝ている社員がいる

年間受講者数2300人!笑顔の印象トレーニング

売れる店舗に必ずといっていいほど共通している
「明るいスタッフの雰囲気」。
この明るいスタッフが身に付けているのは、
「ビジネスマナーとは違う」ことをご存知ですか?

 

笑顔は、販売歴が長い人でも、具体化されていません。
研修先の会社で共通していることは、「笑顔」が曖昧なことです。 ひとりひとりの笑顔を出すタイミングや大きさがバラバラなのです。
具体的に何をどうするか、共通したものがない中で、
「お客様に感じのよい対応をしましょう」という指示をしているのです。指示をされた社員スタッフ側では、
今のままで十分である、今実行しているやり方のどこか悪いのか?という思いが脳裏に浮かびます。
笑顔を主とする好感度の高い接客方法は、具体化させることが重要なのです。

 

マナーとは、やらなければならないレベルのこと

st4

効率的に売上をアップさせようとするには「商品知識」を活かすために、「印象力」という土台が必要だということです。
マナーだけでは、足りません。
マナーというのは、最低をクリアする「常識だからやらなければならない」レベルのことだからです。

売上や契約率として効果を期待するなら、研修を販売戦略のトレーニングに変え、お客様との最初の接点の第一印象から攻略する必要があります。 最初の接点から戦略的に仕掛けるプロとしての接客には、社員・スタッフに現場で実行できるような形での訓練が必要です。印象の技術を使うだけで、研修の翌日からお客様の反応が変わったと実感するという事実です。

 

こんにちは。柳沼佐千子です!

経験上、約9割のスタッフは新人もベテラン社員も好感度をコントロールできていません。売上や契約率として効果を期待するなら、好感度の高い印象力を売上アップの販売戦略として位置づけ、お客様との最初の接点の第一印象から攻略する必要があります。
受講者数が、年間2,000人超の人気トレーニングです。
どうして、この笑顔トレーニングが企業に選ばれるのか?
3つの理由があります。

笑顔トレーニング

1. 体感型だから研修が楽しい!

研修時間の3分の2が実践型のトレーニング形式です。寝る暇がないのです! 「研修」だとつらい、長い、というイメージを持つ方も多いのですが、このトレーニングを受講し、研修に対するイメージがガラリと変わった!との声をたくさんいただいています。

 

2. 理論で納得するから、実行する

笑顔に苦手意識を持つ人も多いものです。 特に、接客に慣れていない男性にその傾向が強いです。
研修の中で脳や心理をベースにした理論を学ぶと、笑顔に対する抵抗感が減ります。
「最短でお客様の反応を変える、笑顔」を理解するから、実行できるのです。

 

3. 練習方法までプログラムに入っているので、習慣化できる!

研修の後、いかに継続させるかが課題です。朝礼等を利用し、習慣化させるための練習方法も、プログラムされています。 みんなで、ワイワイ笑いながらできる訓練は、楽しいから続けられるのです。

 

駅員さん1,000人も受講した人気の笑顔トレーニング!
職人さん、駅員さんなど男性で笑顔に抵抗感をお持ちの職種にも選ばれています!

セミナーの様子

受講者の声

感情や表情は最も優れたアイテム

いつもの研修とは違い、笑顔の絶えない楽しい研修となりました。
自分の態度や表情。。。改めて確認、認識することができました。
便利な時代だからこそ、人にしかない、感情や表情は最も優れたアイテムだと思います。
(販売職・女性)

笑顔が、相手の心を動かす

笑顔は大切だと感じてはいましたが、自然に出る笑顔を常に考えていました。研修を受けてみると考え方が変化しました。笑顔が、どれだけ相手の心を動かすのかがわかりました。 笑顔をつくることが、こんなにも汗をかくのかと思いました。今まで、いろんな研修を受けてきましたが、一番の基本が印象トレーニングだと思います。
(販売職・女性)

0.1秒の思い切り笑顔には驚きました!

今回の研修で印象的…というより、衝撃的だったのは、先生が冒頭に仰っていた「0.1秒の笑顔」という点です。業績を上げるために、意図的に作る笑顔の必要性を学べました。みんなでワークを実施することにより、恥ずかしさなどが払拭され次々と実践できたことが良かったと思います。現場に戻ってからは朝礼で笑顔のトレーニングを行っています。 (販売職・店長 男性)

事例1/ショールーム販売「契約率アップ」

3ヶ月後から変化!
2年後には契約率70%向上

モチベーションが上がると売上もアップする

3か月後から契約率アップしだしました。今までだと契約率が一時的に上がっても、次の月にはいつものペースに戻ってしまっていました。今回は、上がったまま下がらないので本物だと思いました。当支店平均45~50%の契約率だったのが、2年たった今、約70%になりました。今後もトレーニングで学んだことを継続していきたいと思います。(企業担当者より)

事例2/ビジネスホテル
「トラベルサイトでの評価ポイントアップ」

受講わずか3ヶ月!サービスポイント3.5
県内平均を上回る4.0にUP!
総合評価も4.4

3か月でサービスポイント3.5から県内平均を上回る4.0にアップ。総合評価も4.4へ!

ホテルは、高レベルのサービスを求められます。わかってはいても社内での指導に限界を感じていたところでした。ちょうどそのころ、知り合いの会社が柳沼先生の社内研修を行ったのを聞き、紹介をしてもらいました。研修の3か月後からお客様の評価ポイントが上がり、社内みんなで大変喜びました。 やはりプロの先生の指導方法は違います。お願いして本当に良かったです。(企業担当者より)

 

  

左脳で言語、右脳でイメージ

   商品知識         印象力     
商品知識は当然必要です。
商品知識の説明の中には、「他社との比較」「価格」「製品素材」など理論が主です。
商品知識は左脳のパートなのです。
すばらしい理論を聞いても、説明してくれる人自身に魅力を感じず、話すことすら苦痛なら、商品説明が素直に頭に入りませんね。同じ商品だったとしても、信頼できる人や好きな人からの説明と嫌いな人や避けたい人からの説明は、同じ内容でも違って聞こえるということです。
ヒトは好き嫌いで判断してしまいがちです。嫌いな人からわざわざ買う必要がないですよね。最初のステップで、お客様にとって、話してみたい・明るい・楽しい、安心感があるという人になることなのです。どんなにすばらしい商品説明の技術や知識があっても、それだけではヒトは購買決定まではしないのです。新人さんで商品知識があまりなくても売れてしまう人がいるのも、好感度の高い印象力と売上の関係性のあるという証明なのです。印象力は、右脳の部分(好き嫌い・イメージ)のパートなのです。

  売上アップ!の印象トレーニング  
笑顔の印象トレーニング3時間

受講対象 接客場面がある職種
研修内容 1.出会った瞬間で売上が決まる!
2.マナーだけでは足りない!?
3.接客は「脳」から組み立てる!
4.ピンクのサングラスと黒のサングラス理論
5. お客様の好反応は、0.1秒での笑顔で決まる!
6.2種類の笑顔!笑顔筋トレ
7.感じのよい人と不快な人の態度の違い
8.心臓を差し出して、お客様の心をつかめ!
9.笑顔はサンドイッチで使う
10.実践型ロールプレイング
受講人数 ~20人
時間 3時間(休憩10分含)
研修料 20万円(税別)交通費・宿泊費別途

セミナー受講者数15,000人以上!!
社員が研修を受けたい!という究極の体感型研修「笑顔の印象トレーニング」


お問合せは今すぐ! 究極の笑顔トレーニング

 

お客様の声

お客様の反応が良くなりました

普段、「笑顔」で接客をしていると思いましたが「印象トレーニング研修」を受けて、笑顔が足りないことに気づきました。お客様に声かけして無視されることが多々ありますが、警戒しないで、気軽にきいてくれればいいのにと思っていました。それは、自分に笑顔がたりなかったからだとわかりました。研修を受けて、早速、笑顔を意識して声かけすると、今までよりお客様の反応がよくなりました!(販売職・女性)

最速でお客様の好反応を出す!対応術

今回の研修で講師の柳沼先生から実践で最速で変化を出せる接客対応術を教えていただき、とても勉強になりました。
日頃からお客様の対応には、笑顔で気を遣っていたのですが、具体的にどうすればいいのかまで考えたことがなかったです。お店を選ぶお客様は、対応するスタッフの「印象の良さ」なんだなと気づきました。個人だけでなく、お店がチームとして全員で「笑顔であいさつ」「笑顔で接客です!」 (販売職・女性)

今まで中途半端な笑顔でした

これまで受けてきた研修の中で、この研修は、普段自分が感じる居心地の良い店や雰囲気の良い接客のメカニズムを知ることができる内容だった。笑顔がポイントだったが、実践形式で行ってみると、中途半端な笑顔を作っていたこともわかった。実際に、真顔を笑顔であいさつを受けてみたが、同じ人で感じる印象が全く違っていた。実践形式で直接体感することで、アタマのみで理解するのではなく、心で理解することができたと思う。 (販売職・男性)

自分の表情、客観的に見る

とても有意義な研修を受講できたと感じています。トレーニングの中で、自分の表情を客観的に見みてみると、表情のない店員の姿で、愕然としました。普段、お客様からどう見られているのかを意識して仕事をしなければと思いました。研修が終わるころには、参加した皆さんの表情が明るくなって、声をかけやすい顔になっていました。社員同士でもお互いに表情を確認して、お客様が声をかけやすい売場にしていきたいと思います。(店舗販売・女性)

反射的に笑顔になれた驚き

この印象トレーニングの研修は、今までの知識としての研修と大きく違っていました。 「販売戦略」としてのトレーニングの位置づけで、今までの自己の感覚よりお客様の求めているものを認識することにより、身の入った研修をすることができました。シンプルでわかりやすい指示で、楽しく繰り返すことにより、自然に笑顔に向かう気持ちが培われていきました。研修から時間がたった今でも、反射的に笑顔を作ることが実践できることに、自分でもびっくりしています。(販売職・男性)

笑顔の練習で汗をかきました!

研修を受けて、お客様への態度を改めようと思いました。お客様は商品だけではなく、店員さんの態度(笑顔)がどれだけできているかで買うか買わないかを決める。自分の笑顔をみてみると、イメージしていたものとは違い、全く笑顔とは言えなかった。笑顔の練習中に汗が出るほど熱くなり、顔の筋肉が痛かった。次の日には、頬が上がっている感じがしました。この研修は、軽い気持ちで笑顔を作ってもお客様から見ても笑顔とはいえないということを学びました。(販売職・男性)

楽しい研修!

今までにない研修で、楽しく話を聞くことができました。笑顔は大切だとわかっていましたが、人の印象は、瞬時に脳が判断しているとは思いませんでした。好き嫌いの判断もしているのも驚きです。笑顔は接客の第一歩。楽しい研修で、同じ社内ですが他店舗の方々とも交流出来、良かったです。(販売職・女性)

あっという間に楽しく学べた!

まず、とにかく顔が痛くなりました。普段、笑顔で接客しているつもりでしたが、相手に伝わる笑顔ではなかったことを実感しました。また、普通の研修とは異なり、身体を使った体感型だったことで、どんどん吸収できて、活性化した気がします。あっという間で、楽しく学べました。(店舗販売・女性)

「意識して笑顔を作る」

私は、前職もサービス業だったため、定期的に研修を受けることはあったのですが、ここまで「意識して笑顔を作る」ということに特化した研修はありませんでした。入社したばかりの私にもわかりやすく、すぐに実践できる内容で、受けやすい研修でした。(新人・販売職・女性)

 


 

人間関係に悩み、コミュニケーション、会話、心理学、脳科学などの関連書籍で20年以上研究。 実践を繰り返し、独自に編み出した、誰でもできる好感度アップの手法「インプレッショントーク® メソッド」を企業へ提供して約9年。小田急電鉄やタカラスタンダード、水戸プラザホテルなど多くの企業で、経営士としてのビジネス視点、ラジオパーソナリティーやアナウンサー時代に身につけた人の心をつかむ話し方を用いて研修や講演を行い、年間登壇数は150回を超える。これまでメソッドを提供した受講生の数は1万5000人にのぼる。研修後に契約率が45%アップした例や、たった1回の研修受講後に、サービス調査が前年比51%増を達成するなど、研修後すぐに「数字」が好転する体感型メソッドの即効性が認められ、96%の企業がリピーターとなっている。

著書『空気を読まずに0.1秒で好かれる方法。』朝日新聞出版(2018年5月21日出版)
資格・要職等
● 一般社団法人日本おもてなしトレーナー協会 代表理事
● 日本経営士会 経営士
● 経済産業省中小企業庁「ビジネス創造等支援事業専門家派遣事業」登録専門家
● 茨城県・栃木県・福島県・千葉県~経営・技術強化支援事業(エキスパートバンク)登録専門家
● 米国NLPTM協会認定マスタープラクティショナー


ホームページ http://imptalk.net


お問合せは今すぐ! 究極の笑顔トレーニング