「社長なんだから、嫌われてるくらいがちょうどいい」

 

頻繁に、耳にする言葉ですね。


社員に嫌われるより好かれる方がいいですよね。


社長は、嫌われるくらいがいいは、言い訳。。。だと思うんですね。

自分流の接し方の結果、嫌われてしまっている
それをどう変えたらいいかわからない、というのが、
ほんとのところでは?


嫌われていいは、やり方を知らない、
諦めちゃった


こういう状態ですよね。



うちの社長は、
かっこいい、
その考え素晴らしい、

 

社員は、社長を
好きになりたいのです。


好きになりたい
んです
よ。



チェックポイントは、
社員から意見やアイディアが
気軽に出ているかですね。



気軽に話しかけられるか、ですね。


これも重要です。



上の立場の人の顔色や鼻息を、うかがっているような会社は、

業績あがらない原因に、
社内の人間関係がありますね。


社長が、
社内から好かれるは、仕事のひとつ。

 

今すぐ取り組んでください。
まずは現状チェックから。

 

  1. 社員から好かれていますか?
  2. あなたは、社員が好きですか?
  3. 嫌いな苦手な人は、どんなタイプですか?

大企業になるほど、社員が多くなるほど、間接的なメッセージが多くなりがち。

動画であいさつ配信、
会社案内のDVD 作成、など、


今の時代、
動画で出すこと多いので、
文章だけでは、伝わらなくなっています。


むしろ、社長の話し方、
声、表情、雰囲気で印象の良い、悪いができてしまいますね。


社長の印象をチェック

  1. 話し方
  2. 表情
  3. 身振り

まずは、社長のあいさつしている雰囲気を印象よく整えてくださいね!

具体的な方法は、こちら↓


『空気を読まずに0.1秒で好かれる方法。』朝日新聞出版

メディアに掲載されてます こちらから