このお寿司、な~んだ?
和食のレストランで。

このお寿司、子どもが注文したものだったので、わさび抜き。

「ママ~、これってなぁに?」
右はエビと左側・・・は?
メニューの写真となんかが違う・・・はて?(・_・)?
んん? 貝の一種かな?? んんん??
答えは、こちら↓

店員さんが来た時に、聞いてみました。
わたし 「これって、何のお寿司ですか?」
店員さん「あ。。タレを付けるのを忘れたみたいです。
     すぐに新しいものをお持ちしますね」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アナゴだったんだ~。
しかも裏返しに乗せたみたいですよー。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
接客面で思ったのは、またここでも「謝らない」ということでしょうね。
いちど「申し訳ございません」は必要ですね。
そのあと、取り替えて持ってきたものを食べようとしたら!!
今度は「わさびが入ってる」!
別の店員さんが来たのですが、
「もう一度お取替えしますので、そのまま置いておいてください」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お客様が求めているのは、「商品そのもの」をただ取り替えればいいのではなく、
「誠意」を感じたい。
「自分をお客様として丁寧な扱いを受けたい」ということですよね。
「謝り方」の表現力が、その後のお客様がファン化するか、
それでイヤになってしまうか。
ここの分かれ道は大きいです。
売上とリピーター増は、「謝り方の表現力」の練習が重要ですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
研修は全国対応致します。ご相談はお気軽に。

受付時間/平日9:00~17:00

リ・オルグ「声と笑顔の好感度印象トレーニング<企業研修>」

〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F

tel. 03-5201-3908 fax. 03-6369-3512
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・