ある日~♪。森の中~~♪。
カナダでプロゴルフぁーを目指し滞在していたころの話。
友達のあきちゃんと2人でゴルフに行った。
ゴルフ場、行ったことがない人もいるかもしれませんね。
カナダ、森の中にいる雰囲気と似てますね。
第一打目のTショットを打つ間、クラブは1本だけ持って、
ゴルフの道具は、後ろや横に置いておきます。
ちょうど、4ホールくらい進むと、森の中に茶屋が出てきます、
ジュースを買ったり、スナックなどが売っています。
あきちゃんも私も2人で、売店でそれぞれ買いました。
わたしは、ドーナツ。
袋を開けて、一口パクっと食べて。。
順番だったから、ドーナツをゴルフ道具の上に乗せておいて、
ボールを打ちに行きました。
次、あきちゃんの番です。
あきちゃんのTショットを見ながら、
・・・・あれ?
ドーナツがない。。。
・・・ない?
どこ? アタシのドーナツ!!?
あれ?どこか別のところにドーナツ、置いたかな?
あたりを見回しても、誰もいない。
ゴルフ道具と芝生しかない。何もない。
アタシの ドーナっッツ~~~ どこー?
これだけ探してないんだから。。。
もしや。。。イヤ。違う。そんなことあるはずが。。、
でも。一人しかいない。
あきちゃんが。。。。まさか?
人を疑うようなこといっちゃだめだ。
でも、あきちゃんしかいない。
黙ったままにしようか。
それとも、あきちゃんに聴いてみたほうがいいか。。
ドーナツの行方がわからない、モヤモヤ気分のままゴルフできない!
ドーナツもあきらめられない。ついに、言ってしまった。
「あきちゃん、アタシのドーナツ食べた???」
「さっちゃんのドーナツ、食べるわけないやん!!」
でもでもね。アタシのドーナツないんだよ。
ココに置いておいたのに。
あたりをよく見たら、
ゴルフバッグの周りに、ドーナツにトッピングされていた
ナッツがパラパラと芝生の地面に散らばっている。
あ。カラス。かな
犯人は、もとい。犯鳥は、カラス。たぶん。証拠はないけど。
カラスの姿は見えないけど。
ボールを打っている間の、ほんの20秒くらいの出来事だから。
この時のこと、20年たった今も笑い話で言われる。
「さっちゃんは、アタシがドーナツ食べたって疑った(笑)」
今思うと、こういえばよかったんだ。
「あきちゃん、わたしのドーナツが消えちゃった」
どうしてこういっちゃったんだろう。
「あきちゃん、アタシのドーナツ食べた?」って。
犯人が分からないときは、
ストレートな疑うようなコトバはやめよう。
今日も、ヒトコトで
ココロ弾む!インプレション・トーク!
あきちゃん、きょう家にきます。
待ってるよ。