IMG_1627.jpg

百貨店の接客や、ショールームの接客、住宅メーカーの展示場の接客、など
目の前にお客さまがいらっしゃる場合の研修では、

2種類の笑顔を徹底すると、店内の雰囲気がガラリと変わっていきます。

お客さまに、始終見られている職種は、とくに2種類の笑顔が重要です。

ほとんどのお店や、企業に出向くと、

「笑顔でお客様に接しましょう。」

と壁に貼ってあるか、またはマニュアルに書いてありますよね!

そこで、私は聞いてみます。

「どういうのが笑顔なのかの基準はありますか?」

なぜなら、一言に「笑顔」といっても、社員のみなさま、一人ひとりの「笑顔」の基準が違います。

ある人は、少しだけにっこりすることだったり、
大きく笑うことだったり。

社内のマニュアルには、そこまで書いてないことがほとんどです。

2種類の笑顔は、
1.思い切りの笑顔
2.待機の笑顔 です。

接客の笑顔が徹底されてないなぁ、接客に活気がないな と感じる場合は、
笑顔を中心にした研修をお勧めしています。

笑顔が上手になってきたら、2番目の重要な印象を決める要素の「声」を入れていきます。

この2つの笑顔を接客に取り入れると、あっという間に、
変化を感じることができますよ~!

クレーム対応のテクニックも研修で行いますが、
まずは、クレームを減らすことなのかなと思います。