百貨店

研修
今回から毎月一回、4回連続での管理職の皆様が集まって、
接客最前線のスタッフへのコミュニケーションの取り方の
研修がスタートしました。

あちこちと、企業での接客の印象トレーニングの
研修講師として
伺うと、管理職の方とスタッフとの関係で悩みをかかえている
企業が多いという事実。

IMG_3282_convert_20120829091535.jpg

一社員だった方が、年月とともに、管理職になっていきます。
特別に学んでいないと、いきなり、何人もの部下をかかえることになり、
どうしていいかわからないまま、自分のやり方とカンですすめていく。

管理職になった方も、はっきりいって、悩んでます。

悩んでいるけど、相談できる人もいない。

特に男性になると、自分自身で解決すべき問題として
抱えてしまうような傾向が強いと感じます。

足し算だけを知っている小学一年生に、掛け算の九九があることを教えることが大事です。
掛け算を学ばなければ、たとえ10年たっても、掛け算を使える日はこない。

学ぶことの重要さ、
企業は、人でできています。

人を育てる、教育し続けて、成長させることが
企業を支える重要なことなんだと、思っています。

悩んだときに、戻れる「基本」の軸、
それが研修なんだって。そういう思いで、

もっと仕事が楽しく、そして業績も上げてを両立させるには、
研修はどうあったらいいか、常に考え続けています。

今日も、1人1人の反応や研修内ででてきた言葉を
次の
研修に取り入れていきます。

また次回にお会いする、誰かのために。