無理な
接客
をされて買い物をしてしまったいやな経験。

その経験から、
接客
拒否への態度、疑り深いやりとりへと繋がっていきます。

「傷ついている」のですよね。

傷ついている心に、無理に同じような体験をさせようとするから、
接客
拒否が強烈になっていきます。

いやだと思っている人に、いやなことをしたら、誰だってものすごい反発心がでてくるのは
自然なことですね。

いやなことをしなければいいんです。

ここでは、「
接客
をし
ない」

無視をすることではありませんよ^^

場面にもよりますが、最低限の言葉や表情などだけにして、お客様に自由な時間を与えてあげる。

「あれ?ここの店の人は、無理に
接客にこないなぁ。」

と感じてもらう時間を先に作り出します。

売りたい、
接客
しなきゃ という焦りから、

接客
しない」「お客様から離れる」ことに
不安を持つ
接客
スタッフの皆さんがたまにいらっしゃいます。

試してみてくださいね。

結果と効果が実感できると、
接客
に自信が持てるようになります。