パン屋さんで、お買い物。
トレイに乗せて、レジへ・・。

ビニールの袋に入れてもらったのですが、
その様子が、ガサツというか。。。
パンの上に、チーズや野菜の具がたくさん乗っていたので、
丁寧に扱わないと、ボロボロと具が落ちちゃう!
うわー、、そんなつかみ方したら、大丈夫か~ (・・;)
ビニールに、べたべた とマヨネーズやら、チーズやらがくっついてしまい、
見るからにキタナイ・・ (-“-)
それを見たら、気づくでしょう~と思い、
次のピザの入れ方を見ていたら、
具が取れちゃうなんて、考えもせず、お構いなし。
がさ ガサ っとむぎゅっと
掴み、入れていってました
接客のトレーニングに行ったときに、話すことの一つ
「商品は、お客様のもの」
丁寧扱ってくださいね!お客様は見てますよ!
自分のものを粗末に扱われたら、いやな気持になってしまいます。
話はちょっと違うかもしれませんが、ふと 思い浮かんだ(^.^)
お父さんのパンツを割り箸でつまんで、洗濯機に入れる っていうの。
「きたない。触りたくない」の気持ちがにじんでいるようで、
お父さんの立場で考えると気分悪いですね。
商品の扱い方で、相手の気持ちが伝わってくる・・ような気がする
それが感じ悪い になるんですよね。
毎回、研修中に話すことの一つ、
「誰も悪気があってやっていない 」
このレジの女性も、悪気はないと思います。
そんなちょっとした動き・表現で、周りは判断して評価してしまう 
これも事実。だから、心にも思っていないような自分に誤解されて、
評価されてしまうなんて、
もったいないし、悲しい。
表現方法を学んで、練習すれば、
周りの評価も変わっていきます。
どうせ同じ仕事と時間を過ごすなら、自分も周りの人も
気持ちよく過ごせたら、いいなと思います。