3年間の部活動の入部を決める4月。
中学校で、娘が部活動の見学をいくつかしてきました。
最初に、おもしろそう!と入りたがっていた運動部のA部。
同じように、10人以上がズラリと見学をしていたらしい。
そのまま入るのかと思いきや、
「A部は、こわい先輩がいるんだって」
さかのぼって、
入学式の日には、お母さん方が会話している中で、
「運動部のB部には、恐い先輩がいるから、やめた方がいいよ」と噂になってる。
素直に、やりたかった部活は、娘の選択肢から消えました。
別の文化部のC部。
「見てきたらね、上下関係があまり厳しくなくて、とっても楽しそうだった!」
娘だけかと思ったら、恐い先輩がいるという部活からは、見学だけで
辞めてしまった新入生はごっそりと。
最初に10人以上が興味津々で入部を検討していたA部、
実際に入部したのは、今ののところ1人だけ。
人間関係が楽しそうな C部は、たくさん入部希望になっているという。
これ、会社も同じでしょ~ね。
人間関係が、良くないところは、辞める人が多くなり、
病気の人が増えたり。
もし、新入社員や中途採用の方が、
事前に配属ざれる部署に、恐い上司がいるとわかっていたら、
そもそも、入社しないかもしれません。
部活動の部員のたった一人ですよ。怖い先輩がいるだけで、
10人入るところ、1人になってしまう。
怖い先輩がいるがために、知らずに入部し、辞めてしまう人も計算に入れると、
どれだけの損失を出しているか。
会社の中で、恐い先輩や不快な人間関係は、
どれだけの経済的損失を出しいるのか計り知れないのではないでしょうか。
いろんなアンケートにもよく、出ていますよね。
仕事のやりがいは、報酬よりも人間関係が大きいと。
社内にいろんなタイプの人間が必要だといいますが、
いろんな意見や考え方を持っていることと、
周りに威圧的になったり、人格否定したりする人間とは全く別こと。
短気で声を荒げたり、怒鳴りつけたり、人格否定したり、
人の悪口を言いふらしたり、周りや部下をコントロールしようと支配的になったり、
こういう人は、
少なくとも私の周りには必要ありません。
仕事ができたとしても、
得るものより、損失の方が多いから。
もし、あなたご自身が思い当たることがあるなら、
今から改善しみてませんか?
社内のコミュニケーション力、馬鹿にできない分野なんですよね。
私も、以前に女性社員の先輩から、・・いろんなことがあった体験があるので、
組織の中を、円滑な関係する仕事をしたいって思って、
今の仕事を立ち上げてたんですよね。
企業研修の今の仕事の原点を思い出した
娘の部活の話。
とにかく、自分の好きな道に進んでほしい、
それが一番だと、娘には伝えてます☆
楽しい3年間を応援しているよ(*^_^*)