転校と中学入学が重なった娘。

原発事故から、2回目の転校と引っ越しです。その前も含めると、
小学校から今回の中学まで4つ目の学校。
前回も今回も、学校が始まってから
「給食が食べられない・気持ちが悪い」を訴えて、体調が悪い。
病院に連れて行ったけど、「かなり神経つかっていますね」でした。
前回と全く同じような症状。
新しい環境の中で、知らず知らずのうちに
心に負担や神経を使っているのでしょうね。 
前回の時も、心のストレスになっているものを
取り出して、イメージを使って感覚を変え、あっという間に治ってしまいました。
今回は、だんだん大人になってきているかから、
悩みの感覚も違ってきています。
部活も迷っていて、
「わたし、やったことがないスポーツだから、部活に入ってから、
 下手でみんなに迷惑だったら、どうしよう」
「休み時間になると、廊下にたくさん女の子が集まっていて、
 知っている友達同士で、楽しそうな声が聞こえてくるの。
 わたしは、独りでそれを机の横にたって、見てて、
 
 みんなは、楽しそうでいいな・・・」
 「一日中、誰とも話さなくて、帰りに自分から一緒に部活の見学に行こうよ
  と誘ったら、その子と一緒にいたもう一人の女の子が、独りでどっかに
  行ってしまった。わたしが邪魔して、さびしい思いをさせてしまった」
 
心がチクチクと痛みでいっぱい。
表情も暗くて、これじゃ、身体が不調になる。
その心の負担が、お腹が気持ち悪くなったり、頭痛になったりで
身体に出てきてしまう。
→私が思うに、この考え方がすべてではないと思いますが、
 この時点でほっておいて、うつ病になったり不登校になっていったり
 に繋がっているのではないかということ。
「ママとイメージのワークやろうよ。すぐ治るよ。
 ママね、ちゃんと資格を持っているんだよ」
「え、そうなの!?」
30分くらい。二人で家の中で、ワーク開始。
心の負担になっている場面を出していく。
以前に友達ととても楽しい時間を過ごしていた場面を引き出していく。
やってみたら、ちゃんとうまく効いて、
心の負担になっている感覚が、あっという間に変化していった。
今回は、もうちょっと強力に入れていくのに、
過去と未来からも、今に必要な力を取りに行った。
過去から、娘が自分で必要だった場面が、出てきて、
「とても幸せな気持ちでいる自分」
・・小さなときに、公園に立っていた自分だった。
いろいろと重ねてワークして、
今、迷っている、部活は・・・一年後に行ってみた。
一年後、同じ今の教室で、放課後になり、どこの部活に行っているのか、
・・・
「体育館に行ってる」
すると、ちゃんと未来が見えている。
自分の意識が、入りたい部活をわかっているんだよね。
はっきり娘のイメージの中に出てきて、
楽しんでいる様子も感覚も確認できました。
今悩んでいるクラスの友達も。
誰が仲良くなる人で、同じ部活に行く友達の顔もくっりとでてきた。
→今の時点で、誰も部活を決めてもいないし、
友達関係もまだ全く固定されてない状態。
なのに、その人の顔が見えるって
意識とか脳とか、人間の能力はすごいね。
これが、正しいか間違っているか、それは分からない。
でも、自分が望んでいる、確信を持てる自分の未来像がはっきりすると、
迷いなく、心が安定して、現在を生きれる。
すると、行動も自信のみなぎった、迷いのない動きになるから。
それが、結果、現実化していく、そういうチカラなのかもしれないですね。
急に、ぱっと顔色が良くなって、
「部活って、仮入部しなくても入ってもいいの?」に質問が変わってた(*^_^*)
これから娘の一年が楽しみです!!