好かれる人は、感情と表現がマッチしています。

 

好かれる人は、笑顔が素敵ですね。

素敵な笑顔になるには、もちろん練習が必要な人もいます。

 

笑顔は、筋肉が動くかどうかなので、

いつも使ってなければ、スムーズにはでませんね。

 

しかし、同じように笑顔はあるけど、

心にすごく響く、輝く笑顔の人と、

そうでない人がいます。

 

よくいう、作ってますよねという笑顔の人。

わざとらしいですよね、って思われてしまう笑顔の人。

 

この違いは、何でしょう?

 

 

それは、心の中にある感情の再現力の違いなんです。

感情の再現力というのは、イメージの力とも言えます。

 

 

たとえば、ドラマや映画、

お芝居を観たときのことを思い出してください。

 

役者がなりきるそのシーンと同じように、

私たちは、涙があふれてきたり、じーんと感動や喜びで胸がいっぱいになります。

 

役者が動かす表情や態度、声、動き、外見的なことはもちろんあるのですが、

それを通して、私たちは、「感情」をつき動かされるのです。

 

映画をみて、

喜び、感動、楽しさ、または、恐怖、不安、悲しみ、

 

わたしたちが、良かった!って満足する評価というものは、

「感情が動いたかどうか」の視点とも言い換えることができます。

 

 

これと同じで、

笑顔の人を前にしたとき、

 

「あ、なんて素敵なんだろう」って「ドキっ」と、

心の中で、あなたの感情が動いたときなんですね。

 

笑顔で、相手の感情が動くときというのは、

実は、笑顔を出しているその本人の心の中が違うのです。

 

 

ひときわ輝き、魅了される笑顔の人とは、

実は、「心の中に描かれている 喜び、嬉しさ、楽しさ、」の感情が

その人自身の心の中で、最大限にあふれている人なんですね。

 

 

笑顔と同時に、

楽しい、嬉しい、が120%超えて、

臨場感あふれるほど、その人自身が再現できているのです。

 

 

目の前にいる人は、

その笑顔の人がイメージ、再現している「感情の世界」を同時に受け取る。

 

 

 

 

なので、笑顔の表情自体は、そんなに人間の顔、目の大きさ、顔の形、

数ミリ程度も違わないかもしれないです。

 

しかも、もし、表情という外見だけで、

心が動く動かないが判断されるなら、

より若い人や、顔が整っている人から、評価が高くなりますね。

 

でも、そこは違います。

 

わたしたちは、その人の心からあふれる「感情」を受け取って、

輝く人をキャッチしています。

 

 

思わず、

「あ、なんて素敵な笑顔なんだろう!」と心に響いた時というのは、

 

相手の心の中に繰り広げられる「イメージ・感情」の世界を

受け取っているんですね。

 

 

心から輝く人、本人が一番楽しんでいる人、

というのは、

相手の心を動かします。

 

 

そこには、

「頑張って好かれる」という概念はありません。

 

頑張る必要ないんです。

 

 

あなたが、そのまま楽しい!を全身で感情を目いっぱい感じ、

そのまま笑顔や態度に連動すれば、

 

一番輝き、

同時に、周りの人を魅了します。

 

 

あなたは、本来、そのままで、好かれるんです。

そのままのあなたで、

好かれて、輝く人になりましょ!

 

 

今日も、たのし~!

 

 

 

 

柳沼佐千子
………………………………………………………………………………………
研修は全国対応致します。ご相談はお気軽に
受付時間/平日9:00~17:00
印象エキスパート株式会社
「売上アップ!の印象研修<企業研修>」

〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F
tel. 03-5201-3908 fax. 03-6369-3512