営業先で、一番最初の関門は、打ち解けるまでに時間がかかる、ということでしょう。

 

特に、新人~まだ数年の営業社員は、

マナーは、しっかり学んで身に付けたのにも関わらず、

新規開拓先でなかなか打ち解けることが難しいのです。

 

最初の反応で、がっかりして、そのあと2度目、3度目のアプローチを辞めてしまう人も

多いのではないでしょうか。

 

それはどうしてなのでしょうか?

 

たしかに、過去にトラブルがあったことや、他のライバル会社が出入りしている、

自社製品を気に入ってもらえないなど、様々な要因もありますね。

 

しかし、新人から駆け出しの営業マンが、新規取引先開拓に躊躇してしまうのは、

自信がないからです。

 

自信がない要因は、2つあります。

 

1つ目は、場数を踏んで成功体験が少ない

2つ目は、やり方を知らない

 

 

失敗を恐れると、行動数が減ります。

 

なるべく、やらないようにするのです。

なので、成功体験を持っている人とは、行動数が多く、失敗数も多い人といえます。

 

そして、2つ目。やり方を知らないと、行動すること自体が進みません。

ベテランの営業マンは、自然にこなしている、

 

新規訪問先で、玄関からはいるときの挨拶の声の出し方、挨拶の言葉、

どんな表情で、誰に、何を言えばいいのか? 断られたら?

 

など、慣れている人からすると簡単な、当たり前のことを知らないのです。

すると、自然と行動が減ってしまいます。

 

体当たりで、何度もめげずにちゃんレジできる人は問題ないですが、

ほとんどの人は、嫌な思いをすると、次はやりたくなくなってしまいますよね。

 

 

そこで、同じく訪問を繰り返すにも、

相手から好かれる技術を学ぶことで、

意識が変わります。

 

 

 

話しやすい!とわかりやすい!が両立する営業社員に育てば、

取引先に自信を持って、訪問することができますよ。

 

とりあえず「商品持って、新規開拓してこい!」では、

訪問先で受ける傷が深すぎます。

 

事前に、好かれる法則を学んで、準備して、

やることやってからが、学びと上達が早いです。

それは、検証ができるからです。

 

例えば、ダンスと同じです。

振り付けをしっかり学んで練習してから、舞台に出させると、

どこが間違ったのか、どこがイマイチスムーズにできなかったのか?と

振り返ることができます。

 

ただ単に、「お前の気持ちを表現しろ!」と舞台にいきなり、立たせると、

確かに度胸はつくかもしれません。

ですが、成功するために、どこを修正していいいのかすら、わからないと、

上達までの時間がかかってしまいます。当たり前ですが、成功する確率も、まるで違いますよね。

 

なので、

若手の営業社員には、誰と会った時にも「好かれる!」法則を早めに

学んで身に付けさせてあげてください。

 

早い段階で、傷が多すぎると、

会社やめちゃいますよ。

 

自信をもって、訪問先に行けるようにしてあげましょう。

 

たとえ、一度でうまくいかなくても、

修正したりスキルアップする内容を知っていることが重要なんです。

 

たとえば、笑顔。

たとえば、さいしょの挨拶の声のトーン。

たとえば、商品説明の時のわかりやすい伝え方。

 

そこを意識し、前回の訪問時より、改善レベルアップしていこう!と思えるだけで、

日々の成長が、ぐーんと変わります。

 

 

 

 

独自のインプレッショントーク®メソッドを取りいれた

■印象研修にご興味のある方へ。

よく聞かれる内容をまとめてありますので、

もしよろしければ、こちらの動画を

ご覧下さい☆

 

動画は、こちらです↓

 

 

 

◆弊社の印象研修が、本に掲載されました!

すごい研修50選!

 

 

◆研修の様子は、こちらの記事から.…………………………………………………………….

 

好感度の高い企業訪問~理系の会社は、特に笑顔が足りない傾向があります

中小企業診断士の先生方の勉強会で、印象力で売り上げアップする理由を説明させていただきました

売上アップする!印象研修~楽しい!寝る人いない!実践的な研修です!

 

柳沼佐千子    
………………………………………………………………………………………    
研修は全国対応致します。ご相談はお気軽に    
受付時間/平日9:00~17:00    
印象エキスパート株式会社    
「売上アップ!の印象研修<企業研修>」
    
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F    
tel. 03-5201-3908 fax. 03-6369-3512 

………………………………………………………………………………………