八方美人。いいじゃないですか。
八方美人。何がダメ?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その八方美人について、考えてみた。
八方美人の反対のコトバは、「えこひいき」なんじゃない?
えこひいきは、特定のヒトだけ特別に可愛がることの意味でしょ。
ええ、それがいい?
ってことは・・・
集団に入ると必ず浮いてしまった私の過去。
たぶんね。好き嫌いがはっきりしているのも
原因なんじゃないかって思ってる。
周りの人の好き嫌い。
好きな人と害がない人はいいけど。
自分に害になる人、要するにストレスになる人 は嫌だよね!!
疲れるもん。
自分は好き嫌いをしているくせに、
それでも、周りの人に嫌われるのは、ツライ。
って、みんなそうですよね!? 私だけじゃないと思いたいけど。
それから、とにかく、自分らしさがでないように。
目立たないように。嫌われないように。って努力したんですよ。
それは、私の人生をとても生きやすくしてくれました。
何を変えたか?
インプレッション・トークです。
印象と会話を変えたんです。
ほんのヒトコト。そして外見の印象。
組み合わせて、使ううちに、
ほぼ9割くらいのヒトには、好かれる・・・嫌われないようになりました。
それって、大事。
そのあとでいいのよ。
自分にとってまた会いたい人と、ゴメンナサイな人を分けるのはね。
だから、
最初は
①全員に八方美人。
②その次に、好きな人だけに八方美人。
③ストレスでどうしようもない相手には、
発砲美人。➡反撃する
発泡美人。➡ひと泡ふかせる
この順番で、人間関係構築するのです。
あー。そうそう。八方美人ね。
その反対は、「えこひいき」かな。
八方美人というコトバは、
心の声はこうでしょう。
「他のヒトにも優しくしないで、自分だけを見てて」
言われた瞬間、アタシの頭の中の回路は、
こう変換する。
だから、八方美人って言われてもぜーんぜん頭になんてこない、
言っているそばから、内心「あ。かわいいなぁ( *´艸`)」って。
さぁ、八方美人
今日も心が弾む!インプレッション・トーク®。