IMG_2157_convert_20120126123719.jpg

全国から集まった店長さんのための「笑顔の接客トレーニング」。今回は2回目。

接客研修には、制服をきちんと着ること、
重要な印象を決める「外見」の要素の一つです。

今回は、研修が始まる前に、全員がきちんと制服の着方をチェック、
そろった後にスタート

「接客で、感じが良い」を作り出すための、2種類の笑顔の説明と
声で感じが良いを作り出す練習。

「接客用語」を使って、
声の印象を実践しながら、試していきます。

そのあとは、声の印象と笑顔の印象を組み合わせた
サンドイッチ 方式の練習。

笑顔の中に声をはさんで、サンドイッチ
より実践的に使えるように落とし込んでいきます。

ここのお店の人はみんな「感じが良い」と思われるには、

声と笑顔の両方がバランスよく組み合わさって実行できるということが必要。

笑顔と声を使った 好感度をアップする接客

店長さんのみなさんに必要なのは、

「自分が出来て、やってみせて、教える」

部下に教えていくときに、大事なのは、
実行したときに、60秒以内に「反応」をしてあげるということ。

管理職研修の中に取り入れている内容の中から、ワンポイントだけ
お伝えして、今回の研修も無事、お開きの時間となりました。

接客の研修の中で感じた、「笑顔の大きさ」や「声の印象」を
継続していくことが大事ですね!

全員がいつでもどこでも実行して、「感じが良い」が作り出せるのだから。