ienosyasin.jpg

住宅展示場にあちらこちらと定期的に見に行きます。

「カタログを下さい」

このセリフにどう接客応対するのかは、各社さまざまです。

「アンケートを書いていただくようになってます。」

アンケートを書かないと、カタログは渡せない
という住宅メーカーと、

「カタログでございますね。」
とすぐに要望を聞き入れてくれる住宅メーカーがあります。
お客側の立場からすると、

カタログをもらう、見学させてもらう

アンケートを記入しなければならない →
あとでしつこく営業マンが来る

この図式があるので、アンケートと言われると、イヤ~なイメージを持ってしまうのではないでしょうか。

この図式の中で気付いてほしいのが、

住宅展示場を見せていただく
という感があるような気がします。

お客様が、下にいるような感じです。

敷居が高いと表現することもあるかもしれません。

高額の商品を扱うお店ほど、どうお客様が感じているのかをお客様の立場にたっての接客の仕方を考えたいものですね。

業界内では、当たり前になっていることが本当ににそうなのか~
自分のことが一番わからないかもしれないですね!

あるメーカーのアンケート用紙の裏をめくってみたら、

お客様の「滞在時間」、「家族構成」、「推定年収」…等
 をチェックする欄がズラリ・・^^;

お客様がどう思うでしょうね…。

私のアンケートの裏には、なんて書かれているのでしょうか~~~。