「嫌われたくない」、そう思えばおもうほど、もっと嫌われる。

 

心の中に不安や怒りがあると、

それと同じ状況が起きます。

 

もちろん、不安や怒りは、普通は隠しているものなので、

気づきていない人も多く、それほど影響がないように見えるものです。

 

表面上、わたしは、なにも不安に思っていない、

怒りもない、ように過ごしていますが、

 

ふとした時に、その不安や恐怖、怒りは、顔を出してくる。

 

 

そのときに、自分では気づかずに、

「言葉」になっていく。

 

すると、その言葉から、

相手の態度や言い方が変わっていきます。

 

 

どこか、心の底で、自信がない、

だと、ふとしたときに、消極的な言葉や態度がでてしまいますね。

 

特に、人間関係になると、

今より、悪い状況に陥りたくない、そう思うと、

行動も言葉も選んでしまいがち。

 

不安から起こした行動は、あまりいい結果になりません。

そう、逆なんですね。

 

嫌われたらどうしよう、

不安→ 不安は不安な出来事を引き起こす。

 

開き直って、「嫌われたって、いいや!」そう思うと、

どこか吹っ切れて、不安がなくなる。

 

だから、結果が良くなるんです。

 

 

自分を作っているのは、

自分の心の底のある「感じ方」の癖です。

 

本当に、毎日が快適にスムーズな人間関係になるには、

心の底にあるあなたの感情に、気づくことなんですよ。

 

 

ふとした感情を見過ごしてはいけない。

 

 

「あ、なんか今、モヤモヤいなや気分になってる」

「さっきの出来事で、不安がでてきた」

 

これをそのままにしてしまってはいけないのです。

 

 

まずは、自分の感情に

フォーカスしてみてくださいね。

 

気づくことからスタートです。

そして、嫌われてもいいや!って不安を取ること。

やってみてくださいね。

 

 

本当に印象の良い人は、

心の底から透き通るように輝いています。

 

不安がない状態が多いともいえますね!