お客様情報を聞き出そうとして、売れない!パターンを繰り返してしまっている販売店も

よくあります。
ショールームをお持ちの企業は、
「顧客情報を聞き出せ!」と指令していることも多いと思います。
接客のスタッフや営業マンが、その指示通りに、まじめにやればやるほど、
お客様の心が離れていることにも気づかず・・・。
今の時代、根掘り葉掘り、聞かれること自体に不信感。
「個人情報」・・それに、うっかり情報を教えてしまうと、
しつこい勧誘がくる煩わしさ。
少し前の どんどこどんどこ、押して押して押しまくる営業スタイルで
売れてた時代の名残ですね。
お客様の立場に立つと、
そいういう営業されるの、もう~コリゴリ! になってますよね。
人間って、おもしろいもので、
好きな人には、かまってほしいもの(*^_^*)
ここが今も昔も共通しているのです。
今の時代は、嫌いな人やいらない人からのアプローチは受けたくない。
でも、気に入った人からは、連絡ほしい。
しつこいの嫌だろう~と思い、自分のファンになっているお客様に連絡をしないで遠慮していると、「わたしのことどうでもいいのね!?」という気持ちになるのですよね。
どちらにしても、
「好感度の高い人になること」・・・が大前提です。
そのためには、笑顔と声のコントロールが土台でしたね!
今日もお客様には、思いっきりの笑顔で接してくださいね!