社内で教えられる人がいますか?

社内で教えられる人材はいますか?
出来ているつもりと
お客様が感じる「ダントツの好感度」は違う。 

どこの企業に伺っても
研修をしていて感じることは、
「出来ている」
と思い込んでいる社員の方が多い。
実際は、同じ社内のスタッフ同士から見ても
イマイチ と思われているのですが、
社内だし、お互い嫌われたくないから、
絶対に言わない。
社内のコミュニケーションはとても大切だから、
嫌われるようなこと、
言えないですよね。
そこが、社内で育成がうまくいかないところなのですよね((+_+))
自分ができるのと、
ヒトに教えられるのは、別の能力です。
社内で教えようと思うと、
教え方も学ばないといけないですよね。
一流選手が、いい監督になれるとは限らないということ。
営業も接客も同じですね。
ものすごい成績を出してくる営業マンが
トップセールスマンを社内で何人も育成できるか?
接客が上手な人は、
売上を作れる接客方法を理論的に教えられるか?
どのようなのが、笑顔なのか?
それはどうして?
答えられない人が教えると
どうなるか?
相手は聴かないし、
自己流を押し付けられている気がして、
やる気が出ない。
そんなことになってしまいます。
成績が良い人が、社内の人材を育成できないのは、
「自分が当たり前にできてしまう」ことを分析して、
順に並べて、小学生にも理解できるような説明ができないことが多い。
当たり前にできていることは、
意識の中にもないのです。
「腰が痛い」 とき、「腰に意識」がいく。
調子よければ、腰があることすら「意識していない」ものですよね(*^^*)
スキルだけ・正論だけでは、ヒトは動かない。
ヒトの心を動かし、行動を変えるには、いろんな勉強が必要です。
「あなたは、教えるのは得意ですか?」
柳沼佐千子

笑顔の研修~戦略的に取り入れる接客術(百貨店の人材教育)

 3日間にわたり、接客の研修です~♪

福島県郡山市駅前に2泊しました☆
百貨店の研修は、まずは笑顔!とにかく笑顔が溢れるフロアーにする。
1人1人の笑顔がお客様を幸せにしますね!
百貨店は、地元の人にとって、とても重要なシンボル。
ディズニーランドに来るように、
百貨店の夢の雰囲気を味わいにくる
お買いもの以外に求められていることがあります。
笑顔の研修でも、なぜ笑顔が必要なのか?
を理解しないと、実践は難しいです。
戦略的に、プロとして笑顔をどのように取り入れるのか。
理解と実践とをミックスして、研修を進めます。
Uチューブに、一部をアップしました!

楽しい職場、笑顔が溢れる、その雰囲気が
お客様の満足度を高めますね!!

リ・オルグの企業研修「学んでいくことはそれぞれ違う、研修のおもしろさ☆」

仕事中に、研修を行う企業のみなさん。

一度の集まることができない職場では、
2日間に分けて研修を行うこともあります。

IMG_3995.jpg

管理職になっても、人と人とのコミュニケーションの基礎知識とスキルが
ある人とない人では、結果に差が出てきてしまいがちです。

自分では良いと思っていたり、当たり前と思っていることが
実は、そうでないこともありますね。

なかなか自分では気づかないことに気付くチャンスにもなる
管理職の研修です。

毎回おもしろいなと思うのは、
それぞれに、興味を示す内容が全く違うこと。

最後に、それぞに印象に残ったことを話していただくと、
いろんな感想が飛び出します

否定しないことが重要なんですね
聴くこと ですね
男女の脳の違いはおもしろかった

と同じ時間を共有して、
違うことを心に留めて帰ってきます。

結果、それぞれが、自分なりに噛み砕いてどの場面でどう使うのか、
そして実行してみる

なにか、頭の中にやり方や方法がわかったときの楽しさってありますよね。
同じ毎日の中に、張りがでてきます。

人間は、常に向上したいと思っている

本当だなぁと感じる瞬間です。

お元気でご活躍ください!! 

違いを知ることから、コミュニケーション力の向上を目指す

部下を持つ皆さまの研修です。

「人は、どんな状態の時に動けなくなるのか」
「男性と女性の脳はどう違うのか」

IMG_4021.jpg

まだまだ男性管理職が多い日本。
男性が女性スタッフを動かす立場が多いですよね。

男性の感覚で、女性も同じだと思うとうまくいかないことも多いです。

女性がどんな傾向があるのか、男性はどうなのかを知識として知っておくと、
思っていた以上に、スムーズに事が運んだりします。

386452_381030298654010_1656155403_n.jpg

お互いに、快適に仕事場でも過ごしたいものですね。

まずは、違いを知ることから・・・(*^_^*)
 

新人さんの印象アップの接客研修!もっと笑顔に!

一日雨降り。
秋の雨は、ひんやりと寒く感じますね。
これから、新人さんの
接客のトレーニングです。

新しい仕事がスタートしたばかりの新人さんは、
覚えることが盛りだくさん。

今日は
接客の
印象をいかに上げるかのトレーニングです。
お客様が無言で期待している
接客のレベルを上回る「感じの良さ」
を表現していくことが重要です。

IMG_3775.jpg

一つひとつのことは、単純に感じるかもしれませんが、
相手から感じる「なんとなくいいなぁ!」を表現していくには、

少々練習が必要です。

今日も、「思っていたより、笑顔ができていなかったのですね」
と自分自身で、いろんなことを気づいた感想がたくさん飛び出しました。

「ほっぺが、かなり疲れてる~」

「それだけ、いままで笑顔ができていなかったんですね・・(・・;)」

売り場に戻って、早速実践です!
 

百貨店の接客研修~「復習は力なり」

百貨店の
接客研修です
復習は大事です^^

今回は、以前に
接客
の印象トレーニングを受けていただいた方が
再度集まり、復習のトレーニングが実施されました☆

IMG_3542.jpg

時間がたつほどに、忘れてしまうのが人間の自然な姿です。
全部は忘れてはいないけれど、日々訓練と練習を繰り返ししないと、
もとに戻る力は強い。

会社側では、
研修やったのだから、
一度やったことは、全員ができているものだ
と思いたい ですよね (・・;)

IMG_3547_convert_20121010070824.jpg

実際は、人によっても温度差があります。
言っても言っても、なかなか伝わりにくい人もいます。
わかってても、だんだん日々の業務に追われ、
接客技術に関することは、
後回しになっていってしまう人もいます。

企業の人事や
研修
のご担当の方には、
毎回お話しすることは、


研修後にいかに継続と練習を繰り返すかが重要で、
研修の時間は、きっかけとスタート的存在。
繰り返し繰り返し、何度も何度も、がその後の結果が変わっていきます

研修だけで、ほっておくなら、時間とお金の無駄です」

IMG_3549_convert_20121010071224.jpg

研修に伺った各企業の取組みの状態を知っている経験から、いえることは、

結果が数値で現れてくる企業の特徴として、

研修後にいかに継続させるかに本気になって取り組んでいるかどうか
です。

「人は忘れる」

それを受け入れて、
繰り返すことと継続することに取り組むことですね!
 

百貨店の研修「社員間のコミュニケーション力向上は、恐怖を治療することから」

社員間の関係が円滑なら、楽しく充実した環境で仕事ができますね。

やりがい や今の仕事やポジションに 前向きに取り組めるかは、
社内の人と人のつながり方の良し悪しもとても大きい。

IMG_3433_convert_20120925094219.jpg

前回の
研修から一か月間、取り組んできた感想や気づきを
それぞれに持ち寄って、シェアするところから、
研修はスタートします。

「恐怖」があるね~~。
「恐怖」の心が潜んでいるから、
それぞれの人によって、恐怖のあらわす表現が違う!

それは、言葉であったり、態度であったり、表情であったり。。。
本当の気持ちではなく、強がった言葉がでてきて、その反応にこちらが少々驚きます。

「今の状況の自己採点?
 ・・100点満点でなければならないんじゃないんですか?
  そんなこと聴く事態おかしいですよね?」

IMG_3422_convert_20120925094033.jpg

「どうして、素直に話せないんだろう?」

家族や信頼できる友人に話すとしたら?
安心・安全を確保されているお互いの関係なら、素直に話せるはず。

ささいな質問一つで、
大なり小なりの「恐怖」が潜んでいることに気付いて、

今回は、否定・非難を取り除いた 安心安全の関係づくりから
一歩進んで、
「プラス思考」を組織内に作り出す 言葉の転換の仕方を集中して
学びました。

「人格」を否定するような言葉は絶対に使ってはいけない。

「人格・性格」と「行動・言動」は別に考えること

また一か月間の課題をそれぞれに実践してきて、
次回話し合います。

さぁどんな反応があるかな?
楽しみですね!
 

「声と笑顔の印象トレーニング」恐怖で話も素直にできないなんて

4回シリーズで研修をしています。周りの人とのコミュニケーションづくり。
その第2回目の研修のスタート☆

IMG_3400_convert_20120922122552.jpg

前回の宿題というか課題を一か月間にこなしてきた結果を
みんなで話し合います。

うまくいったことや予想外の反応など、
いろんなことがあり、

お互いに、相手の心の中に「恐怖」があるということを
確認できた、そんな時間になりました。

「向こうの部屋で、少し話をしてもいい?」

この問いかけだけで、

「え?? なにかありましたか? 私、何かしましたか?」

と悪い話だと最初から思ってしまうことから、
普段、いかに恐怖感を持っているかがうかがえます。

良いことかもしれないのにね。

そういう心の状態を治療することから
まずは円滑なコミュニケーションの、やっとスタート台に立てる ということ。

根気よく、話を聴くことで
心を変えていくことをやっていきます。

続けると、必ず変化していきます。

みんな自分をよく思っていてほしい、好かれていたい、
関心をもってもらいたい と思っているから。

認めてもらえると 心が温かくなりますよね。

今月の取り組む課題をみんなで練習したので、
一か月間それぞれに、行動をしていきます。

また みんなで話ができる、とても楽しみですね!!
 

<企業研修>スタッフの能力を引き出すコミュニケーション研修

百貨店
では、社員のほかに、
百貨店
内のテナントにそれぞれから来ている
パートナーさんが存在します。

お客様からみれば、両方とも 
百貨店
の社員に思っていることと思いますよね。

IMG_3297_convert_20120829091416.jpg

私は社員だ とか、別会社から来ているとか 区別なしで
仕事をすることが大切ですね。

お客様がいて、買い物をしてくれた結果、
それが自分自身の報酬としてかえってくるのだから。

目の前のお客様に対して、どれだけ満足して感動してもらって、
帰ってもらえるか、

立場に関係なく、それは同じはず。

研修先の責任者の方から、
研修前の打ち合わせでお願いされることの一つに、
これも多いですよ(*^_^*)
  ↓

「お客様が支払ったお金が、給料になっている」

を伝えてほしい。

社内で、改革するのはなかなか大変なことです。
毎回、同じ上司に大事なことを言われても、右から左に流れてしまい、
社員の皆様の頭に残っていないことも多いのですよね。。。

客観的な立場の外部の人に言われると、納得しやすい ということも、
企業研修
を採用していただいている 理由の一つです。

次回の
研修までの一か月間に、実践していただくことを課題に出してあります。
研修で学んで、同時に実践していきます。

また新しい知識と復習をしながら、また実践していく、
このサイクルで進めていきます。

基本を学んで実践して、
その結果をまたみんなでシェアしていきます。

そして、疑問や質問を受け付けていきます。

実践した結果、みなさまのお話を聴ける、次回の
研修が楽しみです 

百貨店の研修「企業は人でできている、学び続けることの重要さ」

百貨店

研修
今回から毎月一回、4回連続での管理職の皆様が集まって、
接客最前線のスタッフへのコミュニケーションの取り方の
研修がスタートしました。

あちこちと、企業での接客の印象トレーニングの
研修講師として
伺うと、管理職の方とスタッフとの関係で悩みをかかえている
企業が多いという事実。

IMG_3282_convert_20120829091535.jpg

一社員だった方が、年月とともに、管理職になっていきます。
特別に学んでいないと、いきなり、何人もの部下をかかえることになり、
どうしていいかわからないまま、自分のやり方とカンですすめていく。

管理職になった方も、はっきりいって、悩んでます。

悩んでいるけど、相談できる人もいない。

特に男性になると、自分自身で解決すべき問題として
抱えてしまうような傾向が強いと感じます。

足し算だけを知っている小学一年生に、掛け算の九九があることを教えることが大事です。
掛け算を学ばなければ、たとえ10年たっても、掛け算を使える日はこない。

学ぶことの重要さ、
企業は、人でできています。

人を育てる、教育し続けて、成長させることが
企業を支える重要なことなんだと、思っています。

悩んだときに、戻れる「基本」の軸、
それが研修なんだって。そういう思いで、

もっと仕事が楽しく、そして業績も上げてを両立させるには、
研修はどうあったらいいか、常に考え続けています。

今日も、1人1人の反応や研修内ででてきた言葉を
次の
研修に取り入れていきます。

また次回にお会いする、誰かのために。