事業承継、うまく息子に譲るために必要な準備とは?

 

社長から、息子に、スムーズに変わるためには、
社内の人間的を考える必要があります。



業務そのものは、

できるようにしていけば良いですが、
一番ネックになりがちなのは、



社内の人間関係ですね。



年上の以前からいる社員が、
言うことを聞かなくなる。息子を社長と比べて軽視しがち。



すると、


うまく業務が動かなくなるんですね。



一番悩むのは、息子さんです。
社長のやり方など、すべてが社長色。



実力も比べられ、やりにくいですね。



社長は、なるべく、会議にも出ないようにして、社内でも
あまり意見をいわないように、、、


なんて、小手先のやり方では、
解決しません。



ここ変えるには、

話し合いで、みんなで決めていく社内の雰囲気を根付かせること。
話し合いも、ちゃんと



社内にどうにもする技術があるのです。


意見がでない、決めても守らない、
会議をやっても、話すのは、毎回きまったひと。



これでは、

事業承継なんて、形ばかり。



困るのは、息子さんなんですよね。
なんとなく、一緒に職場でやらせればでは、



事業承継には、ならないですね。




準備は、
社会の人間関係で困らないようにすることも
含まれますよ。

まだ読んでないかたは、
読んでみてください。



『空気を読まずに0.1秒で好かれる方法。』朝日新聞出版


コンサルティングのお問い合わせ